【ブラッドボーン2完全に終了】SIE山際眞晃プロデューサー退職 リーク 続編 脱P SIEジャパン解体 日本軽視

2021年2/25。SIE(ソニー・インタラクティブエンターテインメント)の山際眞晃(やまぎわまさあき)氏が退職したと発表した。

山際眞晃氏は、PS4の人気ゲーム『ブラッドボーン』のプロデューサーを務めていた。

先日2020年12/24には、同じくSIEの『ブラッドボーン』『デモンズソウル』のプロデューサーを務めた鳥山晃之氏が退職している。

これで完全に『ブラッドボーン2』(続編)は終わった。

【ブラッドボーン2完全に終了】SIE山際眞晃プロデューサー退職

https://twitter.com/giwamasa/with_replies

2020年12/24:鳥山晃之プロデューサーが退社

https://twitter.com/teru_toriyama/with_replies

さらにSIEの映像プロデューサーも退職

https://twitter.com/sogachin/with_replies

解説

SIE(ソニー・インタラクティブエンターテインメント)の本社機能がアメリカに移転され、

日本の会社であるはずの『ソニー』は、アメリカのチェックをクリアしないとゲームや商品の宣伝1つできなくなってしまった。

日本では去年2020年からPS4の売上が週販3桁(1000台以下)にまでおちこみ、PS5は転売屋に買い占められてPS4ユーザーが買えない状況が続いている。

日本の家庭用ゲーム業界は、ほぼスイッチに制圧されており、

5chやツイッターでソニーを批判すると必ず現れていた擁護者(業者、GK)もSIEジャパンの予算縮小のためか、いなくなってしまった。

日本のPS4ファンにはとても受け入れられない状況だが、ソニー本社の業績は好調であり、

ソニー本社の吉田憲一郎社長は、SIE(ソニーのゲーム部門)が大嫌いで、ソニー内部の派閥争いでソニー本社からSIE(ゲーム部門)出身者が一掃されてしまった。

今、SIEの社長はイギリス人のジム・ライアンが務めており、SIEジャパンのトップは、フランス人だ

ソニー本社の業績が好調な限り、ソニー本社のSIEイジメ、SIEジャパンの解体は続き、日本のPS4(PS5)市場の冬は続くだろう。

【前の記事】SIE鳥山晃之プロデューサー退職

 

ブラッドボーン2やりたかったなぁ😭

PS5、ソニー の他の記事を読む

トップページへもどる

 

俺はPS4信者だったけど、もうあきらめた。

ソニーの業績が好調なのでそれを盾に、SIE潰し・SIEジャパンの冷遇は続くだろう。

こんなのユーザーとして応援しようがない。

ソニーアンチになりそうw

だってあんまりだろ。PS4信者どう思ってる?俺は許せないけどな。ムカつきすぎて涙出てきた。

だからと言って、任天堂スイッチにPS4の代わりはできないし、スマホゲーで『ダークソウル』や『SEKIRO』『スパイダーマン』レベルのゲームはできない

家庭用ゲーム機で、面白いゲームを遊びたいゲーマーには冬の時代がきた。

今の日本を軽視しているソニーの【PS5】を買おうとは思わない。ユーザーの意見を聞いてない。ゲーマーなめてる

あーあ、ゲーム卒業かな。

https://japan.cnet.com/article/20399404/

https://corocoro.jp/97986/

https://www.inside-games.jp/article/2020/03/13/127870.html

ソース

http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1614249783/

http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1614225789/

http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1614162104/

https://www.resetera.com/threads/masaaki-yamagiwa-producer-of-déraciné-bloodborne-and-tokyo-jungle-is-leaving-japan-studio-sony-interactive-entertainment.384518/ (海外掲示板Resetera)

 

(c)

-PS5、ソニー

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.