車椅子の女性が新たな記事を公開「駅員は努力してない。合理的配慮は当たり前」 伊是名夏子 攻撃駅

2021年4/7。「車椅子で乗車拒否された」と記事を上げた社民党理事の伊是名夏子氏が、新たな記事を投稿した。

タイトルは『JRの合理的配慮への改善を求める』

車椅子の女性が新たな記事を公開「駅員は努力してない。合理的配慮は当たり前」

http://blog.livedoor.jp/natirou/archives/52316357.html

はじめに

前回の記事は言葉足らずだったのでいくつか補足したい(9000文字)。

1つ申し訳ないと思ってるのが、私のツイッターに【誹謗中傷】のコメントが書き込まれて、私以外の人も苦しみ、外出が怖くなり、まわりの目を気にする人が増えてきた。

これから差別・攻撃的な言葉に立ち向かうため、繋がっていきましょう

障害者に対する誹謗中傷、攻撃駅(原文そのまま)、差別的な言葉はやめて削除して下さい。

以下、ツイッターに寄せられた質問にお答えします。

①乗車拒否されてないのでは?

JR小田原駅の駅員は私に「【無人駅】の来宮駅まではご案内できません。すぐ隣の熱海駅までなら大丈夫です」と言いました。

「ご案内できません」は、車椅子ユーザーにとって利用できない、つまり【乗車拒否】と同じです。

今回私が声を上げたのは、【障害者差別解消法】という法律と、運動を続けてきた障害者センパイの方々のおかげです。私はそれを守るために声を上げていきます。

②JR熱海駅まで乗れたのだから、合理的配慮ではないか

私の目的地は、【無人駅】で階段がある来宮駅です。

来宮駅まで行く方法を考えてもらう事が【合理的配慮】であり、熱海駅までは合理的配慮ではない

③なぜJRの駅に事前連絡しなかったのか

私が見たサイトには【無人駅】と書かれていなかった。

※しかし伊是名夏子氏は、4/5のYOUTUBEの放送では、階段がある事や、他のサイトに無人駅と書かれている事を知っていたと発言。自分の活動のためにわざとやってるような発言をしていた。実際に10年前に同じ事件を起こしている

私はいつも連絡せずにJRを利用している。今までも階段しかないJRの駅で、駅員がいつも100kgの電動車椅子を階段を使って運んでいた

ちなみに他のサイトには「来宮駅は無人駅で、介助が必要な方は駅に事前に連絡するように」書いてあった。初めて知った。この情報がもっと広まるといいなと思います。

調べるのは手間がかかるので改善していきたい。障害者だけ調べるのは、差別と同じ

④無人駅に駅員4人を呼びつけるのはかわいそう

他の方法がなかった。

階段を使って100kgの電動車椅子を駅員に運ばせるのは、危険で駅員の体に負担がかかる事は知っていた。

⑤JR熱海駅から、タクシーや徒歩で来宮駅に行けばよかった(距離1km)

車椅子が乗れるタクシーは、1ヶ月前から予約が必要。

※これはウソ。日刊スポーツの記者の取材で、JR熱海駅にあるタクシー会社に問い合わせたところ、当日利用可能な車椅子用タクシーがすぐに手配できた。

熱海駅の車椅子用のタクシーが、当日に連絡してすぐに乗れるかは調べていません。そうなっているとありがたいです。私の経験では、当日予約で乗れた事はありません。

熱海駅~来宮駅は、1.6kmの距離しか離れておらず、徒歩で行く事もできた(電動車椅子)。

しかし駅に着いた後、ランチをして、来宮神社で観光して、ホテルまで行くと疲れますし、子供たちにもきついと思った。

⑥JRの駅員に対する感謝の気持ちがないのでは?

【障害者差別解消法】では、問題を解決するための努力義務がある。

「熱海駅は一切何もしません」というのは努力したと言えるでしょうか。私には努力してるようには見えなかった

私が「【無人駅】の来宮駅に100kgの電動車椅子を階段を使って運べる駅員4人を集めて下さい。小田原駅の駅員も一緒についてきて下さい。車椅子が乗れるタクシーを探して下さい」

と提案し、【障害者差別解消法の合理的配慮】を提案しました。次の車椅子ユーザーのためです。

JR熱海駅の駅員さんは親切でしたが、「今回は特別ご案内します」と言われたがカチンときた

今後も【合理的配慮】として【無人駅】に行きたい車椅子ユーザーがいたら、業務中に4人の駅員を【無人駅】に派遣して、100kgの電動車椅子を階段を使って降ろす事を努力義務にして欲しい。

【合理的配慮】は当たり前。

【無人駅だから】【階段しかない】という理由で車椅子ユーザーが事前に連絡が必要なら、それを提示するのも【合理的配慮】です。

私が駅員に無理強いする印象を与えたが、私としては粘り強く交渉する姿勢でした。それが批判されるのは残念。他のやり方があるなら一緒に考えましょう。

⑦やり方がおかしい

JRの駅では【合理的配慮】がなされていないと感じ、どうやったら改善されるか考えた結果、

メディア(新聞社、マスコミ)に連絡したり、ツイッターやブログでJR駅員を晒す事にしました。

駅員を批難するためや、私が目立ちたくて計画的にやったわけではない。

しかしここ数日で、たくさんのメディアが取材してくれて議論が活発になって、【合理的配慮】の考えが広まって良かった

⑧コロナ禍なのに旅行に行った理由

私も悩んだ。しかし子どもたちが、代わりとなる楽しみを作りたかった

5人で旅行に行くから、感染リスクをへらすため公共交通機関を使った

⑨やってもらって当たり前

誰でも当たり前に【合理的配慮】があるべき。

今後も車椅子ユーザーが無人駅に行ったら、業務を中断して100kgの電動車椅子を階段を使って降ろす【合理的配慮】が定着してほしい

また【障害者差別解消法の合理的配慮】は、今は「努力義務」ですが「義務」に変わる動きが私の中にある。

電車の利用者が「駅員さんいつもありがとう」と言わない状況になるといいな、と願っています。

今後も、仲間を増やし、声を上げ続けていきたい。

カテゴリ:チャーミングな障害者

http://blog.livedoor.jp/natirou/archives/52316357.html

原文(一部)

インターネットアーカイブ: https://web.archive.org/web/20210407034231/http://blog.livedoor.jp/natirou/archives/52316357.html

魚拓: https://archive.is/RszKJ

 

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

感想

わーお😲全部読んだけどお腹いっぱいって感じ🤣

この車椅子の女性が、障害をもって大変なのは分かる。

しかし、伊是名夏子さんは社民党理事で、この人の発言で【障害者差別解消法の合理的配慮】が曲解されて判例化されてしまうと、非常に危険だ。

先日、4才児が迷子になり大人たちは誰も話しかけず、結局9才の男の子が助けるという事件があった。

これは法制度が悪い。

もし4才児に大人が話しかけたとしよう。そして交番に連れて行くと、高確率で誘拐犯として逮捕される。

だから、誰も助けられないのだ。

これが今【身体障害者】に起ころうとしている。

伊是名夏子氏のように【障害者差別解消法】だの【合理的配慮の拡大解釈】を盾に、企業に対して圧力をかける障害者が増えれば、

一般人の【身体障害者】に対する目は、冷ややかなものになっていく。

伊是名夏子氏の望む【法律を盾に無理やり合理的配慮を迫る】社会になるのか、

身体障害者や子どもなど弱者に【大人が自然と手を差し伸べられる】世界なるのか、注目していきたい。

親切とは、強制されるものではないはずだ。

 

(c)社民党理事の伊是名夏子氏本人が「シェア(拡散)をお願いします」と言っており、国土交通省も重く見ており、今後法改正につながる【公共性・公益性】(国民の知る権利)があるので、記事を引用させて頂きました。

-最新ニュース

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.