呪術廻戦 を読んだらクソ漫画すぎて涙でてきたwww 面白くない ステマ パクリ

まただ。「呪術廻戦がおもしろい!」テレビでそんなニュースや、ネットの記事が乱立し、イヤでも目につく。

私は「チェンソーマン」を高く評価しており、「鬼滅の刃」も絵はそんなに上手くないけれど、そこそこ面白かった。

んで最近は「次は呪術廻戦だ!」とやたらステマか知らないが、持ち上げられている。ステマ大嫌いなので、今まで読んでいなかったが、ヒマだったので冷やかしで「呪術廻戦」を読んでみた。

結論から言うと、「ハンターハンター」の超劣化版。人気漫画のキャラクター設定をパクってツギハギしただけの、ご都合主義ステマ漫画。

チェンソーマンや鬼滅の刃の足元にも及ばない。これは流行らない。シンプルに面白くない。

俺は、面白い漫画はおもしろいって言う。嘘つく理由がない。別に、呪術廻戦の作者とか知らないし、うらみもない。

いち読者として、呪術廻戦は面白くないし、何も新しい事をしていない。ただのステマ漫画だと思った。

呪術廻戦 を読んだらクソ漫画すぎて涙でてきたwww

1話を読んだ感想

呪術廻戦は、1話の冒頭から登場キャラクターが多数登場し読者が混乱する。

これは下手くそな漫画家やアニメ監督がやりがちなミス。読者目線を分かっていない。

そもそも漫画が下手だと思う。表現力がない。

呪術廻戦は、説明不足

説明しなくてもいいが、じゃあ登場キャラをへらす、絵だけで分からせるなどの工夫が必要。しかし呪術廻戦にはそれがない。

言葉使いが汚い

1話1ページ目から「ぶん殴るぞ」「殺すぞ」。その後も「大勢に囲まれて死ね」「じいちゃん死にました」「殺す」「呪う」など、延々そのやり取りが続く。

キャラクターの心理描写ができていない

「ラグビー場に死体が埋まってる」とかどういう思考の流れでキャラクターがそう思ったのか、まったく伝わってこない。

そもそも恵というキャラクターが重要キャラなら、説明が必要なのでは?恵の名前すら最初は不明。これ誰?ってなる。

場面(カット)がコロコロ変わる

主人公"悠仁"の場面かと思ったら、別のキャラが出てきて「死体でも埋まってんのか」→ 唐突に砲丸投げが始まる。各シーンの描写がつたない。

砲丸投げの次は、主人公がなぜか病院に行く。色々詰め込みすぎ。話についていけない。

これじゃ呪術廻戦じゃなくて、ダイジェスト開戦だ。俺今うまいこと言った?🙄

よくありがちな主人公が特殊能力に目覚める「能力者バトル」漫画

主人公がスーパーマン過ぎる。超サイヤ人みたいな動きしてる。高校生が窓ガラスぶち破ってドロップキックして、

校舎の3階から飛び降りながらジャンプパンチ、ヒグマより大きい化け物の攻撃をジャンプしてよけて、空中で蹴りをかます。

これでオカルト研究会の高校1年生とか言われても・・・。特殊部隊より強い。

パクリが多い

-チェンソーマンのアキのキツネの悪魔をパクってる
-「呪物の実」を食べたら、能力者になるとか、それワンピースやんw
-見た目カカシの五条先生、中身は化物語の忍野メメ
-スクナは「ナルト」の九尾のパクリ

ご都合主義「白馬の王子様(少女漫画)プロット」

-主人公が覚醒して女の子を助ける。そのプロット(脚本)はよく見るやつでアリだが、描写がへたくそ過ぎる。

なんで学校の2階の窓から、主人公が窓ガラスをぶち破って妖怪を攻撃するのか。そこまでの経緯や主人公の葛藤を描かないと。

やってる事はご都合主義の少女漫画と同じ。能力バトル漫画で、この適当な描写は受けつけない。

誰も死なない「不殺」設定

頭を妖怪に食べられた男子高校生が、スーパーマン主人公に助けられて生きていた。

2話を読んだ感想

1話が台無しの超強いカカシ先生

1話で、主人公や恵が必死に妖怪と戦っていたが、実はカカシ先生はもっと強くて、カカシ先生が最初からやればよかったとかいうオチ。

このせいで、1話の価値がなくなってしまっている。

すべてにおいて、経緯や心理描写がない。プロセスを描けていない

主人公が、あっさり特級妖怪を使いこなしてるのも違和感がある。

「そんなものなの?」ってなる。使いこなすまでの葛藤や経緯(プロセス)の説明が一切ない。

つまり呪術廻戦は、キャラクターの心理描写が一切なく、

ただ人気漫画のキャラクターの設定を丸パクリして、見た目を変えて、

毎回「死ね」だの「殺す」「死刑」だの衝撃的な事を言って、常にピンチに陥るという「韓国ドラマ」のような安っぽさがある。

スクナを取り込める主人公。名称を変えているが、要はこれ、

伝説の剣を抜ける主人公。つまり設定もありきたりで、何も新鮮さはない。

設定は学園モノ、能力者バトル、絵も上手くない、脚本もダメ、キャラは他の人気漫画のパクリ(カカシ先生は見た目はいいが、結局は忍野メメのパクリでしかない)。

ちょっと辛口になったが、ステマしてた割には面白くなかった。

ステマしてないなら、よくある少年ジャンプの新人漫画家が描いた、ハンターハンターによく似た「能力者バトル漫画」だと思う。

ステマしてなかったとしても、俺は読んでない。シンプルに面白くない。こんなの読むのは時間のムダ。

こんなクソ漫画を、チェンソーマンと比較するのはやめてほしい。作者に失礼だ。

 

チェンソーマンのアニメ期待してる🤗

感想、レビュー の他の記事を読む

トップページへもどる

 

ぶっちゃけ呪術廻戦のコンセプトは、「化物語+能力者バトル」でしょ。

 

(c)集英社

-感想、レビュー

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.