重装出陣 ゲーム序盤攻略!戦闘のコツ wiki

重装出陣のゲーム序盤の攻略や、戦闘のコツをまとめました。

重装出陣 ゲーム序盤攻略!戦闘のコツ

パーツ試練(チュートリアル)で、操作方法をおぼえよう

バトルモード→パーツ試練で、基本操作や、各武器の使い方を覚えられる。

パーツ試練(チュートリアル)ステージをクリアすると、「バトルモード」の新たなゲームモード(サバイバルや究極サバイバルモード)が解放される。

ガレージで、かるくロボットを作ってみよう

ガレージ→乱闘で、お試しでロボットを作ってみよう。

最初から、気合の入ったロボットは作れない。コストや全パーツが解放されているわけではないからだ。

なので、最初はとりあえず操作方法や、各武器の性能チェックのために、とりあえずてきとうに、1体ロボットを作ってみよう。

どうせ何回も作る事になるので、てきとうに5分くらいで作ろう。

「+」を押すと、新しいロボットが作れる。

最初は、初心者コアしか使えない。

この画面で、画面上の「推奨」を押すと、最初から出来上がったロボットを選べる。とりあえず早く遊びたいなら、それを選ぼう。

練習モードで使ってみよう

ロボットができたら、練習モードで1人プレイで動かしてみよう。

ガレージ→ロボットを選んで「試遊」を押すと、練習モードになる。

練習モードは、マルチプレイ(オンライン対戦モード)ではないので、1人で自分のペースで、ロボットの動きや、武器の性能を確かめられる。

練習モード中に「改装」を押すと、いつでもロボットを改造できる。

いざ対戦モード(マルチプレイ)へ

重装出陣は、「マルチプレイ」メイン(他のプレイヤーと対戦して戦うタイプ)のゲームだ。

ロボットができたら、まずは一番初心者向けのモード「無限闘技」で遊ぼう。

無限闘技は、4人部屋で、特にルールはなく、負けても何も失わず、レーティングとかランクとかもないので、気軽にプレイできる、「初心者部屋」だ。

プレイヤーも初心者ばかりなので、初期機体でてきとうにプレイしていい。

ここでどんなロボットが強いか、他のプレイヤーのロボットや動きを見て勉強しよう。

マルチプレイで楽しもう

無限闘技で操作方法や、どの武器が強いかがだいたい分かったら、

本格的なマルチプレイ(オンライン対戦)モードをプレイしよう。

乱闘やサバイバルなど、多様なマルチプレイのゲームモードが用意されている。

戦闘のコツ

足パーツはでかい方が早い

四脚(飛脚、機械足):ジャンプができる
タイヤ:四脚より早い

ドリル(近接武器)は必須

武器は3つまで持てる。

が、ドリルやテスラの巨剣など「近接武器」は、それとは別に装備できる。

近接武器(ドリル)は、よほどの事がない限り、必ず装備しよう。

接近戦で使える武器がないと、敵に近づかれた時に、何もできない。

ブースターも必須

ブースターは、武器とは別に装備できる。ブースターがあると、一定時間スピードが大幅にアップする。

機動性がぜんぜん違うので、ブースターは必ず装備しよう。シールドより優先度は高い。

シールドをつけるくらいなら、軽量化しよう

このゲーム小さい方が、圧倒的に有利だ。

小さいと的が小さくなり、スピードが上がる。

シールドをつけると、その分重くなる。敵から攻撃を受けやすい場所なら、シールドありだが、基本的にはシールドより、できるだけ小さくコンパクトなロボットにした方がいい。

ロボットをこわされても何度でも復活できる

重装出陣は、ロボットをこわされると、コアロボットが出てくる。

このコアロボットをたおさない限り、何度でも復活できる。

敵の攻撃を受けて、パーツがこわれても、5秒待てば「修復」ボタンで、ロボットのパーツが全部治る。

ひっくり返ったり、動けなくなったら「分解」

ひっくり返って動けなくなったら「分解」→「分解決定」を押すと、コアロボットになる。

5秒待って「修復」を押せば、またロボットが出てくる。

上等兵(オートエイム砲)はけっこう大事かも

上等兵(オートエイム砲)は、自動で近くにいる敵を攻撃してくれるが、火力が全然なく、使い物にならない。

しかし重装出陣は、先述の通り、敵ロボットのパーツをこわしても、敵に攻撃を当てないで5秒経つと、「修復」ボタンで全回復されてしまう。

上等兵(オートエイム砲)でペチペチ攻撃を当て続ければ、敵ロボットの「修復」を妨害できるかも(要検証。できないかもw)。

上等兵がダメな場合、回転が早い武器、ドリルやガトリングガンなどで、常に敵を攻撃し続けよう。

 

スマホゲーム の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)ネットイース

-スマホゲーム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.