【シンエヴァ】カヲルのクローンがいた事が判明www コピーされた不完全な肉体

2021年4/11。映画『シン・エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督や、鶴巻和哉氏、前田真宏氏、緒方恵美氏の舞台挨拶トークイベントが行われた。

イベントでは映画の裏話などが披露された。

【4/11舞台挨拶の新情報まとめ】
-Cパートのエヴァ13号機に、式波タイプのオリジナルと乗っていたカヲルは【不完全なクローン】
-庵野監督「妻の考察をするなら、妻の展覧会に行って下さい」「プロフェッショナル見てない」「プロフェッショナルは4年密着したと言ってるけど、肝心な時にいなかった。最終日もいなかった」
-エンディングの宇部新川駅に、庵野監督が好きな電車の『クモハ42』を金をかけて登場させた

エンディングシーンに出てくる庵野監督の好きなもの

舞台挨拶の動画

カヲルのクローン?

舞台挨拶によると、アスカがエヴァ13号機に乗っ取られる時に出てきた『式波タイプのオリジナル』登場時に、小さくカヲルの影が登場する。

これは前田監督によると、カヲルのクローンとの事。エヴァ13号機に乗っていたのは【コピーされたカヲルの不完全な肉体】で、式波タイプのオリジナル(アスカ)の存在が大きくなってカヲルが小さくなった。

"コピーされたカヲル"と言っているので、【クローン】の事。

エヴァメカニックデザイン担当の発言

ツイッターリンク

どういう事?🤔

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【式波タイプのオリジナル】の時点で訳分からんのに、【カヲルのクローン】まで出てきちゃったよ🤣

考察捗るな🤧

このシーンすき

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.