【シンエヴァ】マリ=モヨコ説確定www どこにいても必ず迎えに行く 妻 安野モヨコ メタ 作品の私物化

できるだけこの話したくなかった。

マリは、庵野監督の妻の"安野モヨコ"氏がモデルで、

シンジは、庵野監督がモデル。

これってメタ発言(作品内部ではなく、外部の話)で、『シンエヴァ』の映画本編とは関係ない話なので、この話題はさけていた。見かけても、目をつぶってやり過ごしていたw

けど、今日3/22NHKで『プロフェッショナル・庵野秀明スペシャル』が放送された。

そこで安野モヨコ氏が、明らかにマリのセリフみたいな事を言っていた。

ビジュアル的にも、マリの設定は47才で、安野モヨコ氏は49才。長髪ロングのメガネっ子でサバサバした性格。よく歌を唄う。

うーんw、これは・・・。

【シンエヴァ】マリ=モヨコ説確定www

2021年3/22放送『NHKプロフェッショナル・庵野秀明スペシャル』より

(動画56分~)

2012年12月庵野さんはこわれた。うつ病になり、スタジオに来られなくなった。

そんな庵野さんをそばで支えた人がいた。

妻の安野モヨコ氏:

誰かが一緒にいてくれるだけで救われる部分はあると思うので、

みんながいなくなっても、私はいなくならないよ

映画『シン・エヴァンゲリオン』より

アバンタイトル(パリ市街戦)

(動画13分~)

マリ:

どこにいても必ず迎えに行くから、待ってなよわんこ君。

Dパート(ラストバトル)

(1時間43分~)

マリ:

君がどこにいても必ず迎えに行く。だから絶対に待ってなよシンジ君。グッドラック

マリのあだ名「コネメガネ」の意味

これマジ?🤔

 

作画:安野モヨコ、出演:庵野秀明のアニメ

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

感想

断っておくが、マリ=モヨコだから『シンエヴァ』クソと言うつもりはない。

だけどマリ=モヨコって、そういう風に見ちゃうよね。

それって、【作品の私物化】じゃないの?

俺、そういうの嫌いだな。だって庵野氏は「作品にすべてをかけている」と言っていた。

なのに自分の奥さんを投影したキャラ"マリ"を登場させて、シンジを寝取り、マリとカップルエンドにする。

うーん・・・。

なんつーか、声優や監督などの裏方がそんな前に出てきちゃダメだと思う。

ましてや自分の奥さんを新キャラクターとして登場させて、主人公を寝取るとか、

それやって『ガンダムSEEDデスティニー』炎上してたよね。

ネットの反応

https://mao.5ch.net/test/read.cgi/eva/1616200768/

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1616481087/

http://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1616596865/

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.