ラスアス2開発者「ポリコレでカウボーイビバップのゲーム作りたい!」

2021年1/19。「ラストオブアス2」(通称ポリコレ2)の開発者ニール・ドラックマンが、カウボーイビバップをゲーム化したいなどと、世迷い言を言いだした。

ラスアス2開発者「ポリコレでカウボーイビバップのゲーム作りたい!」

Dr. Uckmann = ニール・ドラックマンとは

ニール・ドラックマン は、「ラストオブアス2」(以降、ラスアス2と略す)のディレクターで、ラスアス2の功績(功罪)により、所属しているノーティドッグ(ソニーの子会社)の共同社長になった。

ニール・ドラックマンの尊敬する人は、フェミニスト活動家のアニータ・サーキシアン。

ニール・ドラックマンの開発したPS4ゲーム「ラストオブアス2」は、

フェミニストのアニータの意見を取り入れて、ストーリーを大幅に変更し、前作の主人公をゴルフクラブで撲殺、ゲーム中にホモ○ックスシーンが採用された(LGBT普及のため)。

当然、世界中のゲームファンからバッシングを受けたが、ラスアス2を叩くYOUTUBE動画は「著作権侵害(DMCA)」で削除され、ラスアス2を叩くネット記事は、サーバー会社に圧力をかけて記事を削除させていた(当サイトにも、ソニーから脅迫メールが届いた)。

その後、その事を指摘されるとニール・ドラックマンは、「あなたはゲームの架空のキャラクターを愛しているの?しかし彼らは本物ではありません。知ってますよね?脳の治療を受けた方がいいですよ」とゲームファンに向けて言い放った。

感想

マジで関わらないでほしい。

冗談じゃない。

こんなクソみたい奴に「カウボーイビバップ」のゲームなんか作ってほしくない。

俺はもうノーティドッグ(ニール・ドラッグマンの会社)のゲームは二度と買わないって決めてる。

こんな奴が、ソニーの子会社の「アンチャーテッド」や「ラストオブアス2」を作ってる会社のトップっていうのが、もうほんとPS5終わってると思う。

ソニーは、ニール・ドラックマンがゲーマーの間でどう思われているか知ってるのか。

「ラスアス2」が2020年のゲームオブザイヤー(笑)になった時に、世界中のゲームファンがどれだけ失望したか。

こいつ何したと思ってるの?世界中のラスアス2を批判したゲームサイトに、脅迫メールを送っていた。ソニーの子会社がそんな事するのかと。

正直、あれが決定的だった。それまではまだ「仁王2」とか俺PS4のゲーム買ってたけど、それ以降は「SAOリコリス」以外買ってない。PS4(ソニー)は、ゲームファンの敵だと思った。あれでアンチ化した。

今のPS5不振の原因の1つに、「ソニーへの不信感」「ポリコレ」がある

ニール・ドラックマンと"ラスアス2"は、「ソニーへの不信感」「ポリコレ」を広めるのに、十分すぎるほど役立った。

味方のPS4ユーザーを訴えるとか何がしたいのって思った。そんな事してるから、今PS5を擁護するゲームサイトがなくなってしまった。

長くなったが、つまりニール・ドラックマンとはこのような人物。

 

サムライチャンプルーは名作😊

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

 

(c)

-PS5、ソニー

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.