【動画あり】みずにゃん「N国アンチから深夜に無言電話や、嫌がらせを受けてます!」 NHKから国民を守る党 wiki

2019年10/17。夏の参議院議員選挙で当選したNHKから国民を守る党’(通称、N国党)の勢いが止まらない。

通常ブームというのは、1週間~1ヶ月もあれば沈静化して、飽きっぽい日本人はすぐ他の話題に移るのだが、

こと立花孝志に関しては、8月からずーっと10月半ばの今まで、ブームが継続しており、今一番話題の政治家と言えるだろう。

この社会現象と呼べる状況を、テレビなどの民放各局や新聞は一切報道しない。「立花氏が書類送検された!」とネガキャン報道はテレビ各局が喜んで報道していたが、

立花氏が参議院議員をやめて、さいたま県の補欠選挙に立候補するという、重要なニュースを一切報道していない。

この事からも、テレビ局や新聞などのオールドメディア、いわゆるマスゴミとよばれる「既得権益」vs「立花孝志」率いるN国党、とその支持者のネット民たちという構図が浮かび上がる。

今回は、立花孝志が気に入らない、N国党を何とかしてつぶそうとしてネガキャン工作をネット上で行っている、N国アンチの最新の"卑劣な"行為を紹介する。

【動画あり】みずにゃん「N国アンチから深夜に無言電話や、嫌がらせを受けてます!」

YOUTUBEで立花孝志がアップした動画をダウンロードして、全く同じ内容でアップロードして、N国の活動を妨害するアンチたち

https://www.youtube.com/results?search_query=N%E5%9B%BD&sp=CAI%253D (YOUTUBE)

YOUTUBEで「N国」と検索すると、上の画像の動画が上位にヒットする(2019年10/17現在)。

【N国PR党チャンネルからも発信】などとタイトルが書かれているが、これは1時間前に立花孝志氏がYOUTUBEにアップロードした動画で、その動画をアンチがダウンロードして、全く同じ内容で、YOUTUBEにアップロードしている。

https://www.youtube.com/channel/UC80FWuvIAtY-TRtYuDocfUw/videos (立花孝志氏のYOUTUBEチャンネル)

YOUTUBEで、全く同じ内容の動画が2つあると、「YOUTUBEは似たような内容の動画が乱立している」と判断して、立花孝志氏のオリジナル動画や「立花孝志」というキーワードを低く評価する事がある。

つまり、完全にネガキャンで、アンチたちは立花孝志のYOUTUBE上での評価を下げようと、必死に立花氏がアップした動画を、すぐさまコピーして、評価を下げようとしているのだ。

立花孝志が拡散しろって言ってたよ?

立花孝志氏は、YOUTUBE上で自分の動画をアップロードして下さい、政見放送を拡散して下さい、とは言っていたが、

自分が上げた動画を、そのままコピーして、パクってYOUTUBEにアップしろとは言っていない。

そしてこれをやると、YOUTUBEでの立花孝志の評価が下がり、実際立花氏は、YOUTUBEの規約違反で、収益をストップされている

常識で考えて、人のコンテンツ(作品、動画)をそのままコピーして、全く同じ内容で、さも自分の作品のように公開するのは、マナー違反であり、著作権侵害行為だ。

つまりN国アンチたちは、著作権侵害行為をへいぜんとやる犯罪者たちという事になる。

N国党について話すと、夜中に無言電話をくりかえすN国アンチたち

2019年10/15に、N国を批判している人気ユーチュバー「みずにゃん」氏が、N国党の応援演説をしたところ、その日から、深夜に無言電話や、誹謗中傷の書き込みなどの、犯罪行為を受けたと告白した。

みずにゃん氏によると、N国アンチと呼ばれるN国党を批判している人たちから、圧力を受けている、今も無言電話が続いている、と涙ながらに訴えた。

実は、このような事は初めてではない。

他にも、NHKから国民を守る党を支持した有名人や、立花孝志氏と対談した人たちが、しばらく経つと急に、N国批判や、天皇批判などの狂言を言い出して、N国を離れていくという事が続いている。

【N国を支持して圧力を受けたと思われる有名人たち】
マスザワ内閣:立花孝志の考えに共感して、N国党から公認候補として立候補が決まっていたが、負の感情にやられて精神的に追い詰められて、N国党を離党した

よさまつ:マスザワ内閣と仲が良い。立花孝志氏と対談後、急に天皇をバカにする狂言を言い始め、N国党の話題に触れなくなった

えらてん:えらてんは元々N国党支持者だった。しかし8/14に立花孝志氏がマツコ・デラックスと戦う、テレビ局と戦うと公言した後、急にN国アンチ化し、熱心なN国アンチストーカーと化した。創価学会員。アンチ化した後、マスザワ内閣にN国をやめるよう圧力をかけた

国民民主党党首・玉木雄一郎:立花氏と対談し、N国と共闘できるか模索していた。しかし労働組合から圧力を受けて、立花氏との対談動画をアップロードできなくなり、その後、労働組合主導で、立憲民主党との合流が決まった

 

NHKから国民を守る党 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)NHKから国民を守る党

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.