立花孝志 がまたYOUTUBEのコメントオフにしているwww N国 コメ禁止 非表示 NHKから国民を守る党 wiki

2019年11/25。NHKから国民を守る党 の立花孝志氏がまた、YOUTUBEのコメント欄を非表示(コメ禁止)にした。

立花氏は2ヶ月前にも、とつぜん自分のYOUTUBE動画で、視聴者がコメントができないようにして炎上した。

その時は、仲の良かった「メンタリストDaigo」の入れ知恵だった事が分かり、立花氏は視聴者の「コメントしたい!」という民意を受けて、コメント欄を再開放した。

しかし今回11/25、ふたたび立花孝志氏は、YOUTUBEのコメントを禁止した。

立花孝志 がまたYOUTUBEのコメントオフにしているwww

コメント禁止は違法ではない。個人の自由ではあるが・・・

(立花氏が11/25にアップした最新動画。コメント機能はオフになっている。)

立花孝志氏が、YOUTUBEでコメントをできないようにする事に、何の問題があるのか?そう思われる方に解説すると、

直接民主主義はどこいった?

まず、立花孝志氏は公約で「直接民主主義」を語っている。

直接民主主義とは、言葉の通り、国民の意見をダイレクトに反映させる政治システムの事だ。

その「直接民主主義」を唄うN国党の党首である立花孝志氏が、

国民が自分の動画にコメントする事を禁止するのは、完全に矛盾している。

N国党の幹事長"上杉隆"の思想「オプエド」との矛盾

N国党の幹事長はジャーナリストの上杉隆氏が務めており、彼の主張は、

「一方的な意見だけではなく、お互いの意見を聴きましょう。テレビ局や新聞は、偏った報道ではなく、擁護意見、反対意見の両方を報道して下さい」という

「オプエド」という概念を主張している。オプエドというニュース番組までやっている。

立花孝志氏が、自分に不都合なコメントを非表示にしているのは、この「オプエド」に反するのではないか。

これは上杉隆氏の根幹部分ではないのか。これを許すのか。

ワーワー言ったが、別にN国党を叩くつもりはない。というのも、立花孝志氏がコメント禁止にした理由が分かるからだ。

なぜコメントを禁止したか

立花孝志氏(N国党)は、先日11/24の櫻井市長選挙で得票率8%しか取れず、惨敗した。(2人しか立候補していない。相手候補者に91%の票が集まった。)

立花氏も認めてるとおり、N国党の勢いが落ちてきており、それに合わせて、N国党の事をキライな人たち(既得権益側)の猛反撃が始まった。

最近の立花孝志氏のYOUTUBE動画では、業者とみられる大量の、立花孝志批判コメントがついており、N国支持者のコメントは埋もれてしまっていた。

ぶっちゃけ立花孝志氏のYOUTUBEのコメント欄は、機能していなかった。まともな議論はできない状態だった

コメント禁止はよくない

それでも、立花孝志氏の動画のコメント欄が荒らされていて、まともに議論できない状態であったとしても、それでも「コメント禁止」はよくない。

業者を使ってコメント欄を荒らされているなら、その「ユーザーのコメントをブロック」すれば、以降その荒らしユーザーがコメントしても、他のユーザーからは見えないようにできる。

ブラックワード(N国消滅、詐欺師)を設定すれば、アンチが言いそうな発言をコメントブロックできる。

立花孝志氏は忙しいだろうから、コメント対応が難しいのならば、

YOUTUBEにはモデレーター機能というものがあり、他のN国党員や秘書に、コメント欄だけ管理させる事もできる。

YOUTUBEはちゃんと、コメント欄を管理する方法を用意しているのだ。

荒らしに対応できずに、コメント閉鎖する人間が、NHKをぶっこわす事ができるのか?

 

NHKから国民を守る党 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)NHKから国民を守る党

-NHKから国民を守る党
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.