仁王2 意見、要望、改善案まとめ

仁王2 をプレイして気づいた事をまとめました。

仁王2 意見、要望、改善案まとめ

飛び道具は強くしない

前作「仁王1」で、クナイマンや遅鈍符、目潰しの術などが流行ったが、

これはゲームバランスを崩していた。初心者への救済処置にもなっていたが、

クナイマンが強すぎて、みんなクナイマンになって、敵に近づかないでクナイを投げまくってクリアするのが最高効率となり、クソゲー化した。

遅鈍符も同じで、みんな「遅鈍符」を使っており、ビルド構成が全員同じになり、多様性がなくなっていた。

目潰しの術は、続投でいいと思う。救済処置であり。

けど、クナイマンと遅鈍符は、徹底的に弱体化しないと、また「仁王2」でみんな遅鈍符→クナイ投げまくってクリアでは、せっかくの良ゲーが台無しになる。

仁王2でもこのままだと「クナイマン」がでてくる

なぜこんな話をしたかと言うと、仁王2の最終体験版で、クナイマンでボス瞬殺動画や、雷羽根でボス瞬殺動画などが上がっていたからだ。

飛び道具系は徹底的に弱くしないと、また第2、第3のクナイマンが登場してしまう。

飛び道具は弱くていい。毒矢も弱くして、遠くから毒矢撃って、ガン待ちとかいうクソ戦法は寒い。

残心について

残心を使うと大幅にゲーム難易度が下がるが、多くのユーザーは「残心」を使っていない。

開発は、残心前提で「気力」量やボス戦を調整してるのだろうが、実際は多くのユーザーは、攻撃後に、毎回R1ボタンを押すとかダルい事はしない。

残心を使う前提でゲームバランスを考えるなら、すべてのプレイヤーに「絶対"残心"を使え」とゲーム中で何回も教える必要がある。そうでないとやらない。

もしくは残心自体を弱体化、自動化して、残心システム自体を見直す必要がある。

操作が複雑化している

操作するボタンが多くて、アーマードコアのような操作感になっている。初心者のハードルが上がっている。

特技は、ワンボタンで発動可能にして(○ボタン空いてるじゃん)、構えが3つあるのも操作が複雑になる原因になってる。

血刀塚多すぎ。雰囲気ぶちこわしてる

ボスの耐久力が高い

キャラクリだけでも体験版を配信する

キャラクリコンテストを公式ツイッターでやる

宣伝不足

仁王2の広告見た事がない。

広告は明らかに影響がある。例えば、DMMゲームのマジカミは、2chなどで大々的に宣伝をやっていたが、実際それを見てDMMゲームを始めた。

宣伝しないと、ユーザーは存在に気づかない。「仁王2でてたの?」ってなる。

いくら良いゲームを作っても、宣伝しないと客はこない。ただの自己満足でしかない。

宣伝する時は、ちゃんとメインターゲット層が見ていそうなプラットフォームに投下する必要がある。

仁王2なら、PS4を所持していて、ダクソなどのアクションゲーム好きな男性プレイヤーがターゲットとなる。

ユーチュバーに宣伝させるなら、ふだんPS4ゲームをプレイしている人が適任。

グーグル広告やYOUTUBE広告も効果ある。

ツイッターでキャラクリコンテストやって、「#仁王2」のハッシュタグを流行らせる。

はちま起稿に記事依頼する(ゲーマーやゲーム開発者が見てる)。

素人が考えてもこれだけ思いつく。もっと宣伝しないと。

 

仁王2 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)チームニンジャ / コーエーテクモ

-仁王2

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.