仁王2 かんたんにボタン配置を変更する方法 おすすめ設定 競合 頭防具表示 コントローラー 攻略

仁王2 は自由にボタン設定を変更できる。しかし実際にボタンを変更すると「競合してる設定があります」とエラーがでてしまう。

キョウゴウしてるボタンを探して変更すれば変更できるが、もっとかんたんにボタンを変更する方法がある。PS4本体の設定で、ボタンを変更するのだ。

ボタン変更方法

PS4ホーム画面→設定→アクセシビリティ→ボタンの割り当てを有効にするで○ボタン→ボタンの割り当てを変更する

【解説】
PS4では、ボタンの設定をPS4本体で変更できる。アクセシビリティという所で、自由にボタンの配置を変更できる。ゲームソフトごとに設定可能。オン/オフ設定可能。

オフにする時は、PSボタン長押し→アクセシビリティ「ボタンの割り当てを有効にする」で○ボタンを押すと、チェックが外れる。これでオフにできる。

仁王2 かんたんにボタン配置を変更する方法 おすすめ設定

おすすめ設定

ゲームモード(画質)設定

仁王2は、画質(グラフィックモード)を変更できる。

アクションモード:60FPS、低解像度
ステイプルモード:30FPS、高解像度

FPSとは、1秒間に何コマ表示するか。FPSが高いほどなめらかに表示される。通常30FPSのゲームが多く、15FPSになるとカクカクになる。60FPSはレースゲームや格闘ゲーム、一部のアクションゲームで採用される。

例えば、PS4版ダークソウル3は30FPSだが、PC版ダークソウル3は60FPSだった。このようにFPSを上げると、マシンスペックが必要となる。

ちなみに、VRは最低90FPS以上。VRゲームがいかに性能を要求されるかが分かる。

まとめると通常プレイでは「アクションモード」一択。PS4ゲームで60FPSで遊べるゲームは少ない。ダクソですら30FPSだった。

スクリーンショット撮影など、キャラクターを撮影する時は、高解像度の「ステイブルモード」を使うと良い。

カメラ設定

よく分からないなら、いじらない方がいい。

ゲーム設定

頭防具の表示:表示しない

【解説】
仁王2では、よろい(かぶと)を着ると顔が隠れてしまう。せっかくキャラクリでかわいいキャラクターを作っても、カブトでかくれてしまっては意味がない。「頭防具は表示しない」がおすすめ。

体力バーの数値表示:表示する

【解説】
初期状態では、敵から攻撃を受けた時に具体的な数値がわからない。設定で「表示する」にすると、ダメージを受けた具体的な数値が分かる。

気力バーの数値表示:表示する

【解説】
初期状態では、攻撃した時に消費するスタミナ(気力)の具体的な数値がわからない。ここは必ず「表示する」にしておこう。気力管理は大事。

妖力バーの数値表示:表示する

アムリタゲージの数値表示:表示する

魂代の妖怪技コストの数値表示:表示する

 

仁王2 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)チームニンジャ / コーエーテクモ

-仁王2

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.