【神ゲー】仁王2 はダクソを超えた! 評価、レビュー 前作との違い ダークソウル 比較

久しぶりにゲームして楽しいと思った。

ホコリをかぶったPS4をタンスの引きだしから出して、「仁王2」をプレイすると、もう開幕から圧巻だった。

ふだんキャラクリはとばしてさっさとゲームを始めるのだが、仁王2のキャラクリは立ち止まった。

女性キャラがめちゃくちゃかわいいのだ。

今までモンハンやダークソウル、ソウルキャリバーなど、数多くのキャラクリができるゲームを遊んできたが、間違いなく「仁王2」のキャラクリは最高だ。

それもそのはず。仁王2を開発しているのはコーエーテクモの「チームニンジャ」で、代表作は「デッドオアアライブ6」や「ニンジャガイデン」。あのマリーローズを作ってるゲーム会社だ。

キャラクリを終えると、何もない不気味な世界に放り出される。

もう「最高!」って感じwこのドキドキワクワク感は、ダークソウル3以来だ。

先に進むと、いろんな種類の武器が置いてある。ここで納得いくまで武器を試す事ができる。

アクションは「ニンジャガ」や「DOA6」を作ってるチームニンジャ。ゲーマーでも満足できる。

武器をしっかり吟味して、これ最強じゃね?と思ったのもつかの間、ザコ敵がころしにくるw

アイテムを取ろうとすると敵がふいうちしてくるし、このジリジリすすむ感じはまさにダークソウルって感じ。

ボスは調整をまちがったのではと思うほど強い。スーパーアーマーあり、1発でHP半分くらう弓矢攻撃を4連発、たまに全方位に連射、ときどき空中から撃ってくる。ここに書ききれないくらい攻撃手段が豊富で、初見でたおせるプレイヤーはいないはず。

しかし行動パターンを見切れば、ノーダメージでたおす事が可能で、そのへんはバランスがとれている。

どうしてもたおせないプレイヤーは、最大2人まで他のプレイヤーに協力プレイで手伝ってもらおう。

【神ゲー】仁王2 はダクソを超えた! 評価、レビュー 前作との違い ダークソウル 比較

ダークソウルより良い部分。違い

ここまでは、いかに「仁王2」がダークソウルっぽいゲームかについて紹介したが、「仁王2」がダクソを超えてる部分がある。キャラクリもそうだが、他にも「仁王2」だけにしかない魅力があるのだ。

スピード感あるスタイリッシュアクション

「ダークソウル」はどちらかと言えば、重厚な鎧を着て、盾を構えてノシノシ歩くイメージだが、

「仁王2」は、ステップ連打で"残心"でスタミナ回復しながら敵を攻撃し、召喚獣の特技で阿修羅閃空のような高速移動ができる。

どちらかと言うと「ブラッドボーン」に近い(ブラッドボーン2まだー?)。

トレハン要素

ここが一番差別化できてる部分で、仁王2は、武器や装備品ごとにステータスや能力がちがう。

敵をたおすか、宝箱を開けると、コモン~レジェンダリーまでの様々な装備品が手に入る。トレハン好きにはたまらない。

周回要素(マルチプレイ)

トレハン要素があるので、強い武器を手に入れるために、何回も同じステージをプレイする(しなくてもいい)。

そこで役立つのが、仁王2に用意された、お手軽に利用できる様々なマルチプレイだ。

1人プレイで遊んでる時には、他のプレイヤーのお墓がそこら中にあり、それを起動させると(しなくてもいい)、戦ったり、味方にする事ができる。戦えばそのプレイヤーが装備しているレア装備品が手に入るし、味方にすれば道中で協力プレイを楽しめる。

3人で集まって、一気にステージクリアする事も可能だ。

ちなみにマルチプレイでやると"敵が増える"ので、ソロプレイヤーも一度試してみよう。味方によっては、逆に難易度が上がるw

 

仁王2 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)チームニンジャ / コーエーテクモ

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.