スイッチ版「遊戯王LoD」 収録カードが海外版だと判明し炎上するwww 詐欺 日本版 OCG レガシー ハリファイバー マジマジ コナミ サイレント修正

2019年4/25。任天堂スイッチで、遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリストが発売される。

発売元のコナミは、このゲームは遊戯王日本版(OCG)ルールだと公式サイトや公式ツイッターで宣伝していたが、

発売2日前の4/23に突然、このゲームは遊戯王海外版(TCG)ルールだとサイレント修正して、炎上した。

スイッチ版「遊戯王LoD」 収録カードが海外版だと判明し炎上するwww

遊戯王日本版と、海外版はどう違うの?

海外版未発売のマジマジ・マジシャンギャル評価も高い

遊戯王のカードゲームは世界中で販売されており、日本版(OCG)と海外版(TCG)では、禁止カードや収録カードが違う。例えば、日本で流行ってるデッキと海外で流行ってるデッキは違うので、海外では禁止でも日本では使えるカードなどがある。

他には海外版だと未発売のカードが100枚以上ある!

カード評価サイトでオール10点のぶっこわれカードと評されたハリファイバーも、海外では未発売、つまり日本版と海外版のカードプールでは、作れるデッキがだいぶ変わる。)

そしてここが重要なのだが、当然日本人は、日本のルールでプレイしており、日本版の禁止カードや日本版に収録されているカードでふだん遊戯王のカードゲームを遊んでいる。

スイッチで日本版ルール準拠の新作「遊戯王」ゲームが発売されるとコナミが発表して、多くの遊戯王ファンが予約していた。

それなのに、発売2日前に急に「実は海外版ルールのゲームでした」とか言い出したので炎上している。しかも公式サイトをこっそり(サイレント)修正しており、公式でこの変更について何の説明もなかった。

公式サイトを発売2日前に、サイレント修正するコナミ

https://www.konami.com/yugioh/lotd_le/

修正前

遊戯王OCG(オフィシャルカードゲーム。日本版)デッキビルドパック:ヒドゥン・サモナーズまで収録!

修正後

カードを集めて、自分だけのデッキを構築しよう!

 

トップページへもどる

 

【4/24 22:00追記】

購入者からの批判を受けて、2019年4/24夜20:00ごろ、遊戯王公式ツイッターで今回の件についてコナミが謝罪した。

 

【編集後記】
実はこのスイッチ版「遊戯王・レガシーオブザデュエリスト」は、2015年にPS4 / Xboxで"海外のみ"発売された「遊戯王・レガシーオブザデュエリスト」の移植版だ(上の動画)。

なぜか日本では発売されておらず、日本軽視のコナミらしい、いわゆる「おま国」(おまえの国では売りませんよ)だった。

つまり元々海外向けのゲームで、日本向けのゲームではない。

ちなみにXbox版だけはなぜか日本語字幕が入っていた。笑うしかないw

ちなみに、ゲーム内容は面白い。私はこの前作のPS3 / Xbox 360で同じく"海外のみ"発売された「遊戯王・ミレニアムデュエルズ」を、PS3の北米アカウントを作って購入して遊んでいたが、今までの遊戯王のほぼ全カードが収録されており、ほとんどのキャラクターが登場する。

ストーリーはあっさりしているが、収録カードの多さのおかげで、今までに遊戯王で使用された有名なデッキやカードが自由に使えて、遊戯王好きにはたまらないゲームだった。

全部英語だったのでそこだけが残念だった。日本語版があるのなら、8000円出しても損はしない。そのくらいボリュームがある。

ちなみにこれもXbox版だけは、なぜか日本語字幕が入っていた。

スイッチ版「遊戯王・レガシーオブザデュエリスト」は、海外版ルール準拠だと炎上して叩かれているが、実は良ゲーだ。私はコナミ嫌いだが、このゲームは2015年のPS4版の移植なのだが、それでもゲームの中身自体は面白いと保証する。

持ち運べるスイッチと相性良いと思う。

PS4でも日本語版出してよー。3000円なら買う。

 

(c)コナミ

-スイッチ

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.