【炎上】『ドラゴン桜』コルク佐渡島庸平氏にパクリ疑惑!オクショウ氏が激怒www YOUTUBE 削除動画 盗作

漫画家のオクショウ氏と、『バカボンド』『ドラゴン桜』などの漫画編集者だった"佐渡島庸平"氏が、YOUTUBE動画のパクリ騒動でもめている。

【炎上】『ドラゴン桜』コルク佐渡島庸平氏にパクリ疑惑!オクショウ氏が激怒www

コルク佐渡島氏に、YOUTUBE動画をマネられたと主張する漫画家のオクショウ氏

※両者が上げたYOUTUBE動画のタイトルとサムネイル画像、内容が似ている(そっくり)

ツイッターリンク

パクリを認めて謝罪するコルク佐渡島氏

ツイッターリンク

佐渡島庸平氏の会社コルクのYOUTUBEチャンネル運営担当者が謝罪

他の動画もパクられていると主張するオクショウ氏

感想

賢いなと思った。

というのも、コルク佐渡島氏は【パクリ】を認めて即座に謝罪して、動画担当者も出てきて謝罪させてしまったので、

これ以上、オクショウ氏はする事がないのだ。

YOUTUBE動画のパクリは【犯罪】ではないので、やったもん勝ちが現状。

すでに謝ってしまっているコルク佐渡島氏をこれ以上叩くと、「謝ってるんだから許してやれ」と【同情論】がわく。

これではどっちが被害者か分かりゃーしない。

実は最初は、「コルク佐渡島何て悪いやつ!ゆるすまじぃ😈」とか思って、オクショウ氏が「複数の動画がパクられている。すでに動画は削除済み!」と主張していたので、

すでに削除されたコルク佐渡島氏のYOUTUBEチャンネルの全動画一覧を、インターネットアーカイブから掘り出してきて(笑)、コルク佐渡島氏のツイッターアカウントの発言を1つ1つ確認して、

「パクリの証拠はないか~たたいてやろうぞ~👺」と思って2時間くらいPC画面とにらめっこしていたが、

結局(他のパクリ動画は)見つからなかった

たぶんあからさまにパクったのは、

これだけだと思う。

2時間掘った結果、これだけ見つかった↓

まあこの動画はパクってると思う。1年前にオクショウ氏が上げた動画が伸びていたので、再生数が伸び悩んでいたコルク佐渡島氏側が動画をパクったのだと思う。よくある話だ。

オクショウ氏は他にもパクられたと言ってるが、それは本人が証明してくれないと、まさか全部の動画をチェックするわけにはいかない。

しかしそんな事をしても、オクショウ氏は1円にもならない。

ネットのパクリ・パクられは日常茶飯事

このYOUTUBEの動画のパクリ・パクられは日常茶飯事で、日本の人気Youtuberはよく海外のYoutuberの企画をそのままパクって動画を公開してお金を稼いでいる。日本人は気づかない。

古くはオレンジレンジというミュージシャンが、「他人の原曲を分からないくらい改変して、自分たちの曲にしている」と豪語した。

ブログだってそうだ。パクリ・パクられが日常茶飯事だ。うちのサイトで伸びてる記事は、即「はちま起稿」にパクられる。聞いてるか?はちまw

まあただ俺もはちま見てるから(パクリはしないけど)。

俺?俺はパクってないよ。こんな口悪い、でたらめなサイトないでしょwよく訴えられるしwはははwww

ゲームの攻略サイトもそうで、もともとこのサイトはゲーム攻略サイトで6年間やってたんだけど、Gamewith・Gamerchなどの企業系攻略wikiが片っ端から個人のゲーム系ブログの記事をパクッて、何度も炎上して大問題になったが、

【刑事罰】がないので、パクられた方が泣き寝入りという状況だ。

だからと言って、今日本政府が進めている【インターネットの規制】につながりかねない、【著作権法の強化】には同意できない。

我が国には憲法【表現の自由】が許されている。そこだけが唯一中国に勝っている。【言論の自由】

話がそれたが、すでに謝ってしまっているコルク佐渡島氏をこれ以上叩くと、「謝ってるんだから許してやれよ」と【同情論】がわく。

オクショウ氏は、ファンの発言をリツイートしてネチネチやってるが、そのくらいでは敏腕編集が挑発に乗って逆上なんて事にはならないと思う。

もちろんパクられたオクショウ氏がムカつくのは分かるが、

現状、パクられてもどうしようもないんだよね。

警察案件でもない問題で、全面的に謝ってる相手(コルク)をどうやって攻略するか、お手並み拝見w非常に興味がある。

企業が個人をパクるのだけは、法律で禁止しないと【個人の創作活動】が停滞しかねないが、

ただこれは憲法の【表現の自由】に抵触しているので、国会で議論して、憲法を改正する必要がある。

今の政府にそんな事できますか?って話。

政治家はバカだから、「ネット上の著作権違反を片っ端から刑事罰」とかやりかねない。そんな事されたら【インターネットの検閲】を許す事になる。

そんな事は断じて許されない。

だからこの状況はしばらく続くだろう。

仕方ない。対応するしかない。

ぶっちゃけるなら、パクる側に回った方がお金は稼げる。

あのスラムダンクの井上雄彦や、ハンターハンターの冨樫義博ですらトレスしまくりで、今やったら漫画家引退レベルの炎上騒動になる。

アラレちゃんには、ウルトラマンがレギュラー出演しているし、今の時代ではとても考えられない。

ちはやふるの作者は、盗作事件を起こしたがカムバックして成功した。

何か、現代人の考え方自体が少しズレているのかもしれない。

まあ、非常に難しい問題なのだ。本当はもっと議論しなきゃいけない。

 

YOUTUBE、ユーチュバー の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)

-YOUTUBE

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.