【良ゲー】ワンパンマン Road to hero 2.0 をプレイした評価、レビュー 配信日 スマホアプリ 考察 攻略 wiki

ワンパンマン 一撃マジファイトが海外でリリースされたので、いち早くプレイした。

と思ったら、一撃マジファイトではなく、Road to hero 2.0という海外の一部地域のみ配信された謎のゲームだった→ 【恐怖】日本未公開のワンパンマンのスマホゲームについて

ワンパンマン Road to hero 2.0のゲームジャンルは、今流行りの「放置系」RPG。ワンパンマンのキャラクターたちをガチャで手に入れて、RPGで戦うシステム。

このようなゲームはたくさんあるが、Road to hero 2.0は、戦闘がマジ面白い。UIがスッキリしていて遊びやすい。

この手のスマホRPG(グラブルや神姫など)は、HPと防御を高めて、戦闘時間が長くなる傾向があるが、

Road to hero 2.0は、各キャラクターたちの攻撃力が高いので、「耐久パ」や「ヒーラー」が機能せず、ガチの殴り合いとなる。戦闘がスピーディーに終わるので(もちろんフルオート)、サクッと遊べる。

スマホRPGが得意な人や(戦闘に歯ごたえがある)、ワンパンマンが好きな人におすすめできる。

ハッキリ言おう。

一撃マジファイトより、はるかに面白かった。どうしてこっちを日本で配信しなかったのか。

【良ゲー】ワンパンマン Road to hero 2.0 をプレイした感想、レビュー

(管理人のデータ。パーティの戦闘力49000。総戦闘力は19万。対戦モード9位)

ワンパンマン Road to hero 2.0のバトルは、5人vs5人で行われる。

9マスの盤上の好きな位置にキャラクター配置して戦う。行動順は、右上のキャラから順に行動する。

こう聞くと、「なんだ単純なゲームだな」と思うかもしれない。しかしそんな事はなく、

全体攻撃や範囲攻撃持ちが多く、全員の火力が高いので、気を抜いたら即死するw

だから「タンク(盾)役」や「アタッカー」を、相手チームにあわせて適切に配置する事が求められる。

例えば、上の画像だと、敵のフブキは試合開始時に正面の敵を1ターン行動不能にする。そんな事をされては戦線が崩壊するので、対応する必要がある。

とはいえ、RPGなので時間をかけてレベルを上げれば、初心者でもクリア可能。

しかし早くクリアしたいガチ勢にとっては、そんなにヌルゲーではない。スマホRPG上級者でも楽しめる、戦闘バランスになっている。

ホーム画面

ホーム画面では、主人公さいたまとジェノスが敵と戦いながら走り続ける。いわゆる「放置系」RPGのシステムで、放置していれば時間に応じて、経験値やお金、アイテムが手に入る。

ストーリーを進めると、より強い敵が出現するようになり、放置している時のアイテム(経験値とお金の)入手量が上がる。

特筆すべきは、UI(ユーザーインターフェース。ユーザーが快適に遊べるようなシステム周り)のスマートさ。

この手の放置系RPGは、とにかくやる事が多く、画面上に大量のボタンが表示されるゲームが多い。

しかしワンパンマン Road to hero 2.0は、ホーム画面上に表示されているボタンが少ない。

他のゲームでよく見かける「チャット」文章が流れるとか、鳥が飛んできてタッチするとアイテムを取得するとか、そんなユーザーにとってめんどくさい仕様が全部オミット(削除)されており、

シンプルにRPGを楽しめる。

だからと言って情報量が少ないわけではなく、ステータスのATKをタップすると「攻撃力。敵に与えるダメージ量に影響する」などちゃんと説明文が表示される。

長いチュートリアルとかないし、タワーバトルやアリーナ(闘技場)でも解説画面など表示されず、直感的に遊べるようになっている。くわしく知りたい人は、画面上部の「?」マークを押せば解説が表示される。

このように画面が非常にスッキリしている。とても優秀な開発だと思う。

拠点画面

拠点では、以下の事ができる。

・ガチャ
・試練の道(曜日クエストみたいなやつ)
・タワーバトル
・アリーナ(闘技場)
・ショップ
・ミッション(派遣クエ)
・アドベンチャー(解放してないから内容不明。分かったら追記します)

見ての通り、かなりボリュームがある。ストーリーモードだけでも、10-60ステージまであり、私が10時間ほどプレイして今3-24のフブキがたおせなくて詰まっているので、ボリュームに関してはかなりのものがある。これにイベントクエストとかきたら、やばいw

グラフィック

バトル中のSDキャラはグリグリ動く。超必殺技(アクティブスキル)発動時にはカットイン演出あり。

キャラクターのバストアップ画像(胸より上の絵)は、Live2Dが使われておりヌルヌル動く。

そんな派手な演出ではないが、手は抜いておらず、キャラゲーとしてファンも楽しめるようなグラフィックになっている。

まあけど女の子(色気)は少ないかもしれない。そもそもワンパンマンに女性キャラが少ないのが問題かもw

夏には水着イベントやるよね?w

ゲームの難易度

キャラゲーだから難しくはない。放置していれば、勝手にお金や経験値アップ素材が増えるので、クリアできないステージがあっても、1日放置してたまったらキャラのレベルを上げればクリアできる(はず)。

ただ一部にめちゃくちゃ強いいわゆる「人権キャラ」がいる。

例えば、上の画像は、味方全体にHP1000分のバリアをはっている。めちゃくちゃ強い。これは、黒人(超合金クロビカリ)の技。

それより強いぶっこわれのボロスとかいう桁違いの人権キャラクターがいる。攻撃するごとにデバフ解除+バリアをはって、通常攻撃は範囲攻撃+被ダメージアップ+沈黙付与、必殺技は300%防御無視攻撃。

一言で言うと、ラスボス。ちょっとどう考えてもおかしいw

まあ俺両方とも持ってるんだけどwリセマラしたw

こういうわけわからん強さのキャラがいるので、その人権キャラを持ってるかどうかで、だいぶ難易度が変わる。

リセマラは必須となる。

ワンパンマンRoad to hero2 は、戦闘が楽しくて、ワンパンマンのキャラクターが登場するゲームなので、若い人たちにも人気がでるはず。おすすめのスマホゲームだ。

 

ワンパンマン Road to hero 2.0のプレイ動画

 

ワンパンマン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)GREE / 村田雄介 / 集英社

-感想、レビュー

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.