【シンエヴァ】アスカのパペット人形の中にマリがいたと判明www 母の形見 メタ演出 スタジオ

2021年3/25。『シン・エヴァンゲリオン』のマリが、アスカの母親の形見の人形を着ていた事が分かった。

【シンエヴァ】アスカのパペット人形の中にマリがいたと判明www

『シンエヴァ』ラストシーンの時系列

サクラ「碇さんはエヴァには乗らんのです」

ラストのアディショナルインパクト中、ゲンドウの回想シーン「ユイユイどこだーどこにいる」

ミサトが戦艦で突っ込んできて爆死

ゲンドウ失敗「そこにいたのかユイ!」

アスカの回想。母の形見の人形からケンケンがこんにちわ「アスカはアスカだよ」

大人アスカ登場。シンジに告られてデれるアスカ。横を向くとマリがいた「姫、お達者で(笑)」ケンケンの家に射出される

カヲルの回想

レイの回想。エヴァはスタジオのセットだったというメタ表現中に、アスカの形見の人形を着たマリが登場

ネオンジェネシス

おまたせーまりさん!

だーれだ!乳の大きいイイ女

終劇

綾波レイの回想シーン

-シンジ「残ってるのは君だけだ、綾波」
-レイ「私はここでいい」
-シンジ「もう1人の君(黒レイ)はここじゃない居場所を見つけた。アスカも戻ったら新しい居場所に気づくと思う。ここじゃない君の生き方もあると思うよ。後でまりさんが迎えに来る、だから安心して(笑)ネオンジェネシス!」

解説

このシーンに登場した綾波レイは、新劇場版『エヴァ破』の綾波レイ(通称、ポカ波)。

初号機の中におり、髪だけ伸びていた。シンジがエヴァに乗らないよう、シンクロ率を0に偽装していた。

この時のレイは、「ツバメ人形」を抱いていた。

レイとシンジが会話している時に、チラッとマリが映る。マリは、アスカの母親の形見の人形を着ていた。

アスカの形見のパペット人形とは

アスカの母の形見のパペット人形は、新劇場版『エヴァ破』の、アスカが3号機で出撃するシーンに登場した。

新劇場版:破では、アスカの母親についてはカットされており、テレビ版で見る事ができる(上の動画)。

それによると、アスカの母は人形をアスカと思いこみ、自殺している。アスカはその母の形見の人形を大事にしていた。

ケンケンやマリは、そのアスカの母の形見の人形を着て登場した。

(上の動画38秒~。パペット人形を確認できる)

アスカのパペット人形をかぶっているケンケンの画像

画像1画像2画像3画像4画像5画像6画像7画像8画像9画像10

※アスカのパペット人形をかぶっているマリの画像は、ネット上には出回っていない。映画館で確認するしかない。ラストのレイの回想シーンで、チラッっと映るだけなので注意。

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

マリ、ほんと性格悪いな😡

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.