パニシング・グレイレイブン 最強キャラランキング!Sルシア カレニーナ リーフ カムイ ナナミ パニグレ 攻略 wiki

(管理人のプレイヤーレベル55。戦力4086。ストーリー8-12全クリ済み)

パニシング・グレイレイブン の最強キャラランキングです。

【12/12追記】ランキングを最新情報に更新しました。

パニシング・グレイレイブン 最強キャラランキング

名前 内容
S Sリー、Sカレニーナ
A Sリーフ、Sカムイ、Sナナミ、Aルシア、Aリーフ、Aカレニーナ、Aリー、Aビアンカ、ワタナベ
B Bリーフ、Bルシア、Bナナミ

Sルシア

Sルシアは、サービス開始時点では、実装されていない。1ヶ月後(年末か2021年初め)にアップデートで追加される最強キャラ。

つまりパニシング・グレイレイブンは、最強(人権)キャラが、サービス開始後のアプデで追加されるので、リセマラでねばる必要はない。

Sリー

(管理人のSランクリー)

Sリーは、Sルシアの劣化版だと言われているが、ぜんぜん違う。

まずモーションが違う。

Sルシアは、剣で戦う接近専用のキャラだ。

Sリーは、銃で戦う中距離用のキャラだ。射程はそんなに長くないので、近~中距離にはなるが、敵に接近する必要はない。

そしてSリーの強みが、攻撃範囲の広さで、連打しとけば、勝手に近くの敵をバンバン攻撃してくれる。スマホゲーでアクションゲームは操作が難しいので、非常に助かる。画面外の敵でも攻撃してくれる。

Sリーは、チェイン技「ガンズリバティー」の優秀さも特筆に値する。

何か3つのシグナルを押して(高速空間なら1つのシグナルでOK)、赤シグナルを押すと、「ガンズリバティ」が発動して、

Sリーが空中に飛び上がって、ファンネルを飛ばしつつ敵を連射攻撃する。おそらくこの攻撃中は【無敵】になっている。

Sリーは赤シグナルで飛び上がると、無敵判定がある(たぶん)。

そしてSリーは早い。なので上手い人なら、ほとんど敵の攻撃を受けず、中距離で【無敵】判定をだしながら、一方的に攻撃できる。

必殺技にも【無敵】がある。

Sリーは、必殺技を発動すると、即【無敵】状態になり、時間が止まって、敵が動かなくなる。

その後、5秒間ほど、空中から援護射撃を連射する。

火力も高い。

めちゃくちゃこの必殺技使いやすい。コンボ中にいつでも出せるので、回避がわりに使える。

これらを総合すると、

SルシアとSリーが、同じ性能とはとても思えない。全然別キャラだ。

Sルシアは、火力最強で耐久は紙の、接近専用キャラ。

Sリーは、攻撃範囲が広く、無敵判定の攻撃を多数持ち、チェイン技も使いやすい、スピードが早い、銃で戦う近~中距離用のキャラ。

全然違う。かぶってるのは物理属性のアタッカーという部分だけ。

よくSリーは、Sルシアの劣化版という人がいるが(実はこのサイトで書いてたから俺のせいかもwww)、

Sリーは、Sルシアが実装されてない今の日本版の最強キャラだ。そのSリーが【劣化版】だと言うなら、

他のSカレニーナやSカムイ、Sナナミは【超劣化版】だ。

まだSルシアが実装されてないので、Sルシアがきた後の日本版の環境は、予想できないが、

俺はこのゲーム、回復キャラいらないと思ってる。

だから、Sリー、Sルシア、Sキャラ(ビアンカ)の3人がベストメンバーだと思う。

リーフとか回復キャラは、入れる必要ないと思う。

敵によって属性を変えるという理屈は分かるが、PvP(対人戦)でもないのに、いちいち敵の属性に合わせて、有利属性のキャラを育てるとか、そこまでするのめんどくさい。

だから、Sリー、Sルシア、Sキャラ(ビアンカ)でいいと思う。

Sカレニーナ

火属性の主力アタッカー。ゲーム後半でも通用する性能。

Sリーフ

Sカムイ

Sナナミ

Aリー

Aランク最強キャラ。スピードが早く、高火力、高回転でスキがない強キャラ。Sクラス・リーは、もっと強い。

Aビアンカ

Aクラス・リーと同じ、遠距離型。リーが前にガンガン攻撃するのにに対し、ビアンカは後ろに下がり続けるので、位置調整がめんどう。Aクラスの中では、2番目に強い。

 

パニシング・グレイレイブン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【CBTの話】
ゲームは、テストプレイで「α(アルファ)テスト」「β(ベータ)テスト」「体験版」がある。

βテストはさらに、誰でも参加できる「オープンペータテスト」と、抽選で選ばれた人しかプレイできない「CBT(クローズドβテスト)」がある。

パニグレもクローズドβテストをやっていた。

しかしこのご時世、クローズドβテストをしても、結局YOUTUBEに数十時間にわたるプレイ動画が、大量に投稿されるわけで、すべてのユーザーがそれを見る事ができる。

それなのに、プレイできるユーザーを「クローズド」で、全員参加できないようにする、メールで応募して抽選に当たったプレイヤーのみが「クローズドβテスト」に参加できるのは、ナンセンスだと感じる。

というのも、この「クローズドβテスト(以下、CBTと略す)」に応募するには、ゲームがリリースする前から公式ツイッターを毎日チェックして、ある一週間だけ募集するので、応募して、当選したプレイヤーのみが、クローズドβテストに参加できるのだという。

こんなの一般人は募集してる事すら知らないだろうし、私のように1年中ゲームをやってるような人間ですら、気づかない。

つまり「クローズドβテスト」は、本当にプレイしたい一般ユーザーは、プレイできていないのではないか?

クローズドβテストではなく、オープンβテストの方が、サーバーの負荷チェックもできるし、全ユーザーがプレイできるので、お祭り騒ぎになるので宣伝になる。

オープンβテストの方が、開発にもユーザーにもメリットが多いように感じる。

それで成功したのがPS4の「仁王」だ。オープンαテスト→オープンβテスト→最終オープンβテストと、こまめにβテストを発売前から1年にわたって続けた事で、コアなファンを獲得した。

新規IPとしては異例のヒットを飛ばした。開発もユーザーの意見を聞きながら、ゲームをブラッシュアップしていった。まさに理想的な流れだと思う。

こんな分かりやすい「成功例」があるのに、他のゲーム会社はどこも真似しようとしない。

 

(c)広州Kuro Game

-スマホゲーム
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.