【プロが解説】RANBU三国志乱舞 リセマラは、孫権が当たり!次に劉備 曹操 wiki

(管理人のリセマラ結果。孫権と劉備が当たった!超強いw)

試合開始時に、敵とぶつかったら即「孫権」で敵1体を8秒間スタンさせる。スタンすると、攻撃もスキルも何もできなくなる。

次に、味方の体力がへってきたら、「劉備」でHPを回復+状態異常無効にする。回復キャラがいる事で、ステージミッションの【全員が生存した状態で勝利】を満たしやすい。

RANBU三国志乱舞は、「孫権」と「劉備」が、リセマラの当たりとなる。

どちらも強いが、おそらく「孫権」が人権キャラとなる。

このゲームは、2020年11/16にサービス開始した。なので、「これが最強!」などと断言はできない。そんな事を言ってるサイトはデタラメだ。

しかし最初に選択するキャラの中で飛び抜けて性能が高いと思われるキャラは、

「孫権」「劉備」となる。

曹操は強いが、曹操より、【スタン攻撃】を持つ孫権、【回復】ができる劉備の方が優先度が高い

孫権の何が強いかと言うと、消費マナが3と少ないのだ。

【11/18追記】今の環境では、劉備の方がオススメ

対戦モードで、「諸葛孔明」が流行っています。諸葛孔明の【スタン】の状態異常を回復できる、「劉備」を持っていれば、諸葛孔明対策ができます。

私は当初、「諸葛亮孔明」が強いと判断して、リセマラで「諸葛亮」を選んで、プレイしていた。

(諸葛孔明のスキルは、範囲内の敵を60%の確率でスタンさせて大ダメージを与える)

しかし諸葛孔明は、消費マナ5でおそいのだ。

効果範囲・大となっているが、敵全体に【スタン】させる事はできない。そんなに効果範囲が広くない。

なら消費マナ3で、序盤からすぐに使える「孫権」で、敵をピンポイントでスタンさせる方が、回転がよく使いやすい。

何回でも使えるので、「孫権」で1戦闘中に、敵を2回【スタン】させる事だってできる。

諸葛孔明だと。消費マナ5なのでちょっとおそい。

諸葛孔明の兵科も気になる。後衛タイプのキャラなので、進軍がおくれがち。

孫権は、前線タイプのキャラなので、戦場の最前線で、スキルを使って【スタン】させて有利に試合を運べる。

しかし別に諸葛孔明も弱いわけではない。敵が同じ場所に固まっているなら、諸葛孔明の【範囲スタン】の方が使えるかもしれない。

しかし基本的には、90%という高確率で、消費マナ3と少ない「孫権」が、【スタン攻撃】持ちキャラの中では圧倒的に使いやすい。

そしてリセマラで最優先で確保すべきは、「孫権」となる。孫権は、SRキャラ選択画面で1番最初に表示される。

開発も、「孫権」を使えと言っている。

孫権を使えば、このゲームの難易度が大きく下がる。

味方を範囲回復できる「劉備」も、非常に使いやすい。

かなりおすすめのキャラだが、「孫権」と「劉備」を同時に当てるのは、至難の業だ。私はたまたま運良く当たったw

なので、基本的には「孫権」を選んで、回復役の「劉備」もほしいなーくらいでやるといい。

「孫権」さえ選んでおけば間違いない。

「孫権」+「劉備」のリセマラは、天文学的な確率になるのでオススメしない。私は運が良かっただけだ。

【11/18追記】

対戦モードで、「諸葛孔明」をよく見かけます。諸葛孔明は、範囲内にいる敵を60%の確率で10秒間【スタン】させる、強力なスキルを持っています。その代わり、60%なので確定ではなく、範囲もそんなに広くない、諸葛孔明自体のステータスや兵科は微妙です。

「諸葛孔明」対策をしたいなら、リセマラで「劉備」を選んで下さい。

【スタン】しても、劉備のスキルで回復できます。

・対戦モードではなく「ストーリーモード」重視の人→ 孫権がおすすめ
・対戦モードをけっこうやる。諸葛孔明(トップメタ)対策をしたい→ 劉備がおすすめ

【プロが解説】RANBU三国志乱舞 リセマラは、孫権が当たり!次に劉備

リセマラ方法

このゲームは、サーバーが1つしかないので、【サーバー切り替え】によるリセマラができない。

なので、オーソドックス(単純)に、アプリ削除で、リセマラする事になる。

リセマラする場合は、iPhoneのホーム画面で「RANBU」を押しっぱなしにする→Appを削除

そしてAppストアで、再度「RANBU三国志乱舞」をダウンロードすれば、リセマラできる。

もし「アカウント連携」している場合、解除しておこう。アカウント連携してないなら、関係ない。

趙雲や孫堅など、その他の最強キャラのくわしい解説はこちら↓

RANBU三国志乱舞 最強キャラランキング

 

三国志乱舞RANBU の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-スマホゲーム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.