【シンエヴァ】レイとカヲル 話した事もないのに恋人になるwww カップリング LRK キス

EVA 3.0+1.0 SPOILERS

2021年3/20。映画『シン・エヴァンゲリオン』のエンディングで、レイとカヲルがカップルになった。

『シンエヴァ』のポスターでも、レイとカヲルは隣同士におり【公式認定カップル】とされている。

『シンエヴァ』のポスター

しかし当サイトで調べたところ、新劇場版(映画本編)でレイとカヲルが話すシーンは1つもない事が判明した。

【シンエヴァ】レイとカヲル 話した事もないのに恋人になるwww

カヲルの登場シーン

新劇場版『序』

エンディングで、カヲルとゼーレが話すシーンのみ。

新劇場版『破』

(動画20分~)月にあるゼーレのタブハベースに、冬月とゲンドウが行った時に登場。半裸で宇宙空間にいた。

スタッフロール後のシーンで、エヴァ・マーク6に乗ったカヲルが、暴走した初号機に槍を投げる時に登場。

新劇場版『Q』

『Q』のカヲルは、ヴィレから逃げだしたシンジと、ネルフ本部で会ってピアノを弾く。シンジに【ニアサー】について説明する。

シンジと13号機に乗って【フォースインパクト】を起こし、止めるために自爆する。

『シンエヴァ』

『Q』で自爆したカヲルはしんでおり、ほぼ登場シーンはない

Dパート(ラストバトル)のマイナス宇宙の回想シーンで、登場するのみ。

まとめ

つまり新劇場版(映画本編)で、綾波レイと渚カヲルが会話したシーンはなかった

新劇場版エヴァ『序』『破』『Q』『シンエヴァ』全部見て確認した。

カヲルがまともに登場するのは『Q』以降で、その時にはすでに綾波レイ(ポカ波)はおらず、”黒レイ”になっていた。

”黒レイ"は『Q』の時点ではほとんど話さず、カヲルとの会話シーンはなかった

『Q』でカヲルはしんでしまうので、

やはりレイとカヲル、何も接点がない

どういう経緯でつき合うようになったのか、作品中(映画本編)で一切説明がなかった。

↑の画像は、ガラケー時代にエヴァ公式が配信したもの。

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.