【ブラッドボーン2終了】SIE鳥山晃之Pが脱P(退職) SIEジャパン解体

2020年12/24。SIE(ソニー・インタラクティブエンターテインメント)ジャパンスタジオの、鳥山晃之プロデューサーが退職した。

実は、つい先日も、SIEジャパンスタジオの有名プロデューサーが退職していた。

SIE(ソニー)といえば、1ヶ月前に「PS5」を発売したばかりだ。

なんでPS5発売直後に、みんなやめていくのか。

SIEの社長ジム・ライアン氏は、「日本を軽視していない」と息巻くが、

現実に、PS5発売直後に、SIEジャパンスタジオのスタッフが大量に退職して、

PS5の日本の割当台数は、たったの初週12万台だった事について、いったいどう説明するのか。

これが日本軽視、SIEジャパンスタジオ解体・縮小ではなくて、一体何だというのか。

SIEジャパンスタジオは、もう求人すらしていない。

https://www.sie.com/jp/saiyo/career/job118.html

現在SIEジャパンのゲーム部門で求人があるのは、「ローカライゼーションテストマネージャー(翻訳監修)」のみだ。

つまり北米SIEが作ったゲームを、日本語に翻訳するのが、今のSIEジャパンスタジオの仕事と思われる。

SIEジャパンスタジオのトップは、フランス人

https://www.sie.com/jp/corporate/release/2020/200901.html

2020年9/1。PS5発売前の大事な時期に、SIE"ジャパン"スタジオのトップは、アルノ・サンマルタンというフランス人に変わった。

なぜ日本にある「ジャパン」スタジオの開発トップが、フランス人なのか。

なぜジャパンスタジオのスタッフが、次々にやめていってるのか。

なぜ日本の会社ソニーが作った「PS5」の販売権限を、SIEアメリカが持っていて、SIEジャパンは何も口出しできないのか。

逆に、なぜ日本人が作ったゲームを、SIEアメリカの役員がチェックするのか(ソニー規制、ポリコレ)。

なぜ日本企業のソニーが、日本を軽視するのか。

日本市場を捨てて、成功するゲーム機など存在しない。

吉田社長になってからのSIEは、何がしたいのか分からない。私怨でSIE潰しをやってると聞くが、実際のところどうなのか。

【2021年2/25追記】ブラッドボーンプロデューサーの山際眞晃氏、SIE退職

2021年2/25。ブラッドボーンの山際眞晃プロデューサーが、SIE退職を報告した。

これで完全に、『ブラッドボーン2』は終わった。

 

PS5、ソニー の他の記事を読む

トップページへもどる

 

ブラッドボーンもう5年前か。

ブラッドボーン2やりたかったのになー。

この鳥山氏やめたのけっこう致命的で、退職した鳥山氏が「PS5デモンズソウル」「PS4ブラッドボーン」「デラシネ」のプロデューサーだった。

つまりフロムソフトウェアとのパイプ役だった。

今のSIEの現状見ると、やめるなとも言えんしなw明らかに泥舟だから。

ソニーは、自分たちの判断が間違っていたと気づいた時にはもうおそいよ。

日本のPS4ユーザーを切り捨てて週販3桁、PS5ロンチは失敗、ジャパンスタジオは解体、そのくせ「日本軽視はしてない🤪」

はぁ?って感じ。

PS5スパイダーマンは主人公を黒人に変更して前作から売上ー70%、ポリコレ、ソニー規制、LGBT、クロスプレイ、マイクロソフトと謎提携(失敗、提携した意味なし)、ユーザーが激怒したラスアス2がゲームオブザイヤー、

何がしたいの?全部失敗してるやん。

あー、ソニーの話するとネガネガするから話したくない。ソシャゲの方が自由で開放的でいい。

いつからソニー(PS4)は、こんな会社になったんだ。3年前は違っただろ。

【追記】海外でもニュースになっている

https://www.resetera.com/threads/teruyuki-toriyama-producer-of-bloodborne-soul-sacrifice-demons-souls-remake-leaves-sony-japan-studio.349960/

おどろく事に、このソニーの判断については間違っていると、日本と海外の掲示板の住人たちの意見が、めずらしく一致している。

だからジム・ライアンが「日本を軽視していない」などと発表せざるを得なくなった。

海外では、2020年11月に、望月氏が書いたブルームバーグの記事が正しかったと広まっている。

この望月氏は、アンチソニーの急先鋒で任天堂信者なので、話を完全に信じるわけにはいかないが、

少なくとも今の現状だと、望月氏の指摘した通りになっている。日本のSIEが窓際に追いやられ、「日本軽視」の状態。

これは日本のPS4(PS5)ユーザーとしては大問題だ。日本のユーザーを見ていない、意見を聞いていないという事になる。

さてどちらを信じるか。

 

(c)ソニー

-PS5、ソニー

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.