【炎上】外人が日本人が描いた「進撃の巨人」の絵をトレスしてパクるwww ブッチハートマン butch hartman @realhartman

2021年2/21。海外アニメーターのブッチハートマンが、「進撃の巨人」のミカサのイラストを公開した。

しかしその絵は、2年前に日本人が公開したイラストをトレスしたものだった。

ブッチハートマンは、200ドルでトレスした絵を販売していた。

【炎上】外人が日本人が描いた「進撃の巨人」の絵をトレスしてパクるwww

2021年2/21:海外アニメーターのブッチハートマンが公開したイラスト

https://twitter.com/realhartman/with_replies

2018年4/2:日本人が描いたイラスト

https://twitter.com/028ton/with_replies

比較してみた

https://twitter.com/TechnoTatum/status/1363694217256648706

動画保存用

こうしてみるとトレスしてるな🧐

トレスして下書きしてからペン入れしてた?

動画保存用

海外アニメーターのブッチハートマン氏は、イラストを描く様子を動画で公開している。

しかし下書きがすでに描かれており、いわゆる「ペン入れ」(清書)シーンのみで、

下書きの段階で、日本人のイラストをトレス(他の人の絵をなぞってパクる行為)した疑いがある。

トレスした絵を200ドルで売っていた

海外アニメーターのブッチハートマンの投稿を見ると、

order a comission:絵の依頼を注文するなら下のリンクをクリック

と書かれている。

外人によると、ブッチハートマンは200ドルで絵の依頼を受けており、今回のトレス疑惑の「ミカサ」もファンの依頼でお金をもらって描いたとされている。

※200ドル=21,319円

元絵を描いた日本人が反応

ミカサの著作権は誰のもの?

https://twitter.com/028ton/with_replies

海外で炎上

まとめ

-日本人が「進撃の巨人」のミカサの絵を描いた
-外人がそれをトレスして、自分の絵として200ドルで売っていたがバレて炎上した
-日本人がお気持ち表明「使用許可をだしていない」
-しかし、そもそも著作権は原作者が持っており、絵をパクられた日本人は何もできない事が分かり終了

 

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【編集後記】
すごい難しい問題だと思う。

ただの「トレス疑惑」かと思いきや、外人が日本人絵師のイラストをトレスして販売していた、しかもそれについて何もできない事が判明した(権利を持ってるのはマンガを描いてる原作者)。

つまりこれやろうと思えば、他の人が描いた「同人誌」をそのまま販売されても、文句言えないって事になる(そもそも同人誌がグレー)。

素人のファンアートをトレスしても、原作者ではないから、権利を主張できない事が分かった。

 

(c)

-最新ニュース

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.