中国「アークナイツは自由に配信していいよ」任天堂「ぐぬぬ」 ホロライブ 動画投稿 アズールレーン

https://yostar.co.jp/news-detail-144.html

株式会社Yostar(アズールレーンやアークナイツの販売元)の各ゲームタイトルを利用した、ゲーム実況の配信及び動画投稿は、

個人・法人の所属や、営利・非営利など、収益に関わらず、

事前の連絡なく自由に行ってください。

中国「アークナイツは自由に配信していいよ」任天堂「ぐぬぬ」

日本の老舗ゲーム会社

https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/ja/index.html

ー法人会社は、任天堂のゲームを使った動画配信をしていいですか?

○○堂: 法人会社による動画投稿はできません。ただし、別途任天堂とお金の契約をした以下の会社のみ、任天堂のゲームを動画配信できる権利が与えられます。

・UUUM(吉本興業含む)
・ソニー・ミュージックマーケティング(SMEいいかげんにしとけよ)
・ガジェット通信
・いちから(にじさんじの運営会社)

【日本語訳】ホロライブ金払え。

 

YOUTUBE の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【編集後記】
任天堂のゲーム動画配信の許可を、ライバル会社のソニーが取っててワロタ。

これ分からない人に説明すると、SME(ソニー・ミュージックエンターテインメント)とSIE(ソニー・インタラクティブエンターテインメント。PS4/PS5を作ってるとこ)は、同じソニーなのに仲が悪くて、SMEはずーっとSIEの足を引っ張り続けている。

SMEは、PS4にゲームを出さず、任天堂スイッチや任天堂3DSでゲームを販売している。頭おかしい。

仲が悪くなった原因は、SIE(SCE)の設立時にまで遡る。長くなるからググって。

同じソニーなのに、SIEがPS4/PS5作ってるのに、SMEやソニー本社が足を引っ張る。よく株主黙ってるなと思う。

【おまけ】中国開発のドールズフロントライン2(少女前線2)

2020年配信予定のスマホゲーム。

もう今や、スマホゲームは中国・韓国の方が技術力が上になってしまった。日本企業は、中国に外注して、スマホゲームを作っている。

家庭用ゲームも追い越されるのは時間の問題だろう。

「パクリだ!」と起源主張なんて意味のない事はやめて、良い部分は吸収する、マネする、柔軟に対応しないと、日本のゲーム会社は世界から取り残される。

中国が開発中のスマホゲーム・その2

中国は、Yostarだけじゃないんだよなぁ。現在中国で配信されて、まだ日本配信されてない、やばいスマホゲームがいくらでもある。

FGO、パズドラ、モンスト(笑)で、中国の黒船部隊と戦えるの?

中国が2020年配信予定のスマホゲーム「原神」

日本のスマホゲームでこのレベルないんだよなぁ。

台湾開発のジブリ風スマホゲーム「こもりライフ」

もう全部負けてるよなw

 

(c)

-YOUTUBE

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.