要塞少女 討伐バトルとアクセサリー稼ぎまとめ オーク メガ部隊 小隊 

(管理人は、討伐バトル全クリ済みです。)

【4/1追記】討伐バトルは、1日2回までです。「撤退」してもやり直しはできません。

AIがバカなので、例えばオークステージでボスをムシして、全員で右側に行ったりします(わざわざオークが突進しやすいように真ん中をあける)。できるだけ「手動」で、確認しながらやりましょう。

攻撃部隊で準備した「部隊」は、同時にマップにに出現します。例えば、メガ地上部隊に「クラリッサ」と「リヴェッタ」を設定していると、バトル中にクラリッサを配置すると、リヴェッタも同時に出現します。

なので同じ「部隊」に入れる場合は、そこまで考えて、移動スピードが同じ、攻撃方法が相性が良いユニット同士を組ませよう(上の画像の場合、小さい大量の敵が苦手なクラリッサのサポートに、範囲攻撃ができるリヴェッタを組ませてる。どちらも移動スピードはおそい)。

あと、攻撃部隊で準備した「部隊」は、コストが平均値になります。

例えば、クラリッサだけだと24コストですが、リヴェッタを入れると、16コストで、合計40コスト。の半分の20コストになります(上の画像のエーテルコスト平均ってやつ)。

要塞少女 討伐バトルとアクセサリー稼ぎまとめ オーク メガ部隊 小隊 

討伐バトルのアクセサリーとどのボスがおすすめか

要塞少女 の討伐バトルは、報酬でアクセサリーが手に入る。

現状アクセサリーは、ダメージアップ+5%(腕輪)、ダメージアップ+7%(首輪)、ダメージアップ+14%(頭)装備しかない。

キャラクターは、初期状態だと「腕輪アクセサリー」しか装備できない。

覚醒すると(同じキャラをガチャで当てるなど)、装備できるアクセサリーが増える。

・黒鬼人のクリア報酬:腕輪、アクセ素材x2
・オークのクリア報酬:腕輪と首輪、アクセ素材
・ゴーレムのクリア報酬:腕輪と首輪、頭アクセ

今のところゴーレムをたおしまくって「首輪」「頭」アクセサリーを手に入れても装備できるキャラクターがいない(フル覚醒する必要がある)。

唯一装備できるのが、★3フェリスとなる(ストーリークリアでフル覚醒分の覚醒の証が手に入る)。

なので、ゴーレムは1回だけクリアすればよい。1日2回プレイできるので、黒鬼人とオークを1回ずつプレイすれば効率がいい。

討伐バトルの攻略方法

討伐バトルは、「最大24体でボスと戦う大規模バトル!」なんて表示されるが、そんな事はない。

ふだん使ってる8体のキャラクターをそのまま使って、ボスと戦えばふつうにクリアできる。

拠点のサポートユニットとかいろいろな要素があるが、結局はボスをたおせばクリアなので、いつものメンバーでプレイすればOK!

準備①攻撃部隊

ボスと直接戦うのは「攻撃部隊」となる。一番重要。

「おまかせ」ではなく、自分で直接選ぼう。

やり方はかんたんで、ふだん使ってる8人のキャラクターをそのまま配置すればいい。

第1部隊とか地上部隊とかあるが、ぶっちゃけ適当でいい。

大事なのは、いつも使ってるレベルが高い8人のメンバーを選ぶこと。この「攻撃部隊」で、ボスと戦うことになる。

メガ部隊

ストーリーを進めるとメガ部隊が解放される。メガ部隊は、40コスト使える。通常は、25コスト。

部隊の種類は、「変更」で選べる(上の画像の真ん中)。

準備②拠点ユニット

サポートユニットは、拠点の強さに関わる。

拠点はあまり重要でないので、てきとうでいい。

「編成」を押して、「自動編成」を押すと、あまってるキャラクターが自動で拠点サポートキャラクターとして配置される。

これでOK。

討伐バトルクリアで手に入る「討伐ポイント」を集めると、拠点の装備を変えられるが、大量のポイントが必要(最低5日間プレイが必要)なので、気にする必要はない。

討伐バトルのコツ

討伐バトルは、「手動」でやろう。

オートでやると、味方ユニットを左右や真ん中にバラバラに配置する。トラップも使ってくれない。

中央の拠点を破壊されると負けなので、味方は基本的に真ん中に配置する。

ボスをたおせばクリア。

たまに敵の騎兵が突撃してくるので、その時は拠点に突撃されないように、リンダやダフネなど複数同時出撃するタイプのユニットを配置して、突撃を止めよう。

画面右下のトラップは、柵と砲台が使える。ぶっちゃけ気休めなので、あまり使う必要はない。

主役は、「攻撃部隊」なので、攻撃部隊を真ん中に配置して、ボスから真ん中の拠点を守りながら、ボスを攻撃しよう。

 

DMMゲーム の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)DMMゲームス

-DMMゲーム

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.