仁王2 をプレイした評価、レビュー 感想 キャラクリ 60fps 青霊 協力プレイ 難易度 α体験版 βテスト

投稿日:

仁王2の感想を画像つきで紹介します。

仁王2 評価、レビュー

cerealkillerzatのNioH 2 Alpha Playthrough (Subscribe to our Youtube Channel for more)をwww.twitch.tvから視聴する

主人公はウィリアムではない。キャラクリ可能

前作「仁王」の主人公はウィリアム固定だったが、仁王2では、自分の好きなキャラクターをエディット画面で作成可能。

デッドオアアライブ等で有名なチームニンジャの3Dモデリングなので、美麗なキャラクターを作成できる。ダークソウルのキャラクリとは格が違う。

作成したキャラクターはムービーにも反映される。これだけキレイだと愛着が湧く。

美しいグラフィック、60fps

仁王2は、PS4で60fpsで動作する。ちなみにPS4版ダークソウル3は、30fpsだった。60fpsでアクションゲームがプレイできるのは素直にうれしいところ。

ボスのデザインが良い

片足で飛び跳ねてハンマーを振り回す敵。

回転突進してくる敵。

竜巻を起こす敵。

蛇女。

巨大な蛇のボス。やつのかみ。蛇を多数召喚してくる。

仁王1は人形のボスが多く、行動が予測しやすかった。人間の動きというのは限界があり、次何をしてくるか予想できる。

仁王2はその欠点を克服しており、人外の動物的な動きをする化物型の敵が増えた。パット見(初見)では、次何してくるか分からない。だから面白い。

妖怪変化

仁王2は、守護霊と合体して「妖怪変化」でパワーアップできる。ゲージが続く限り、強力な攻撃をゴリ押しできる。敵の攻撃を受けるか、時間経過でゲージが減少する。

妖怪スキル

敵をたおすと妖怪の「ソウルコア」が手に入る。これを装備すると、敵が使っていた技を使用できる。

スキルは、スフィア盤

スキルは、FF10のスフィア盤によく似てる。

マップとUIは使い回し

マップとUI(画面上に表示されてるゲージやシステム)は、ぶっちゃけ前作の使い回しだが、まだ2作目なので、全部一新する必要はないと思う。

それよりも早く遊びたいので、マップやUIを作り直すくらいなら、その時間を新しい敵やストーリーに回した方がいい。

協力プレイあり、青霊(協力NPC)あり

仁王2は、青い血刀塚が出現する。調べると味方のNPCが出現していっしょに戦ってくれる。

ほこらで「まれびと召喚」して、他のプレイヤーと協力プレイも可能。

隻狼のように協力プレイ一切なしだと、クリアできない人が出てくるので、協力プレイという「初心者への救済処置」は必要。自信があるプレイヤーは使わなければ良い。

難易度はちょうどいい

ステージ1は敵の配置がまばらで、青霊(協力NPC)ありと、難易度低いなと思っていたが、中ボスやボスはけっこう強く、ステージ2になると蛇女やボス戦で、気を抜くとすぐやられてしまう。

ちょうどいいゲームバランスかなと感じた。

 

仁王2 あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

トップページへもどる

 

(c)チームニンジャ / コーエーテクモ

-仁王2
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.