バイオハザード RE2 をプレイした評価、レビュー 感想 前作 アイテム 移動 照準 クソゲー

更新日:

バイオハザード シリーズは終わったと思っていた。バイオハザード6とか、ホラーゲームじゃなくてただのシューティングゲームになっており、買ってすらいない。

しかしバイオハザード7から、カプコンは原点回帰してちゃんと「怖い」バイオハザードを作るようになり、ホラーゲームの中で一番面白くなってきた。ライバルのデッドスペースやサイコブレイクより、"グロではない"本質的な「恐怖」を描けている。

バイオハザードRE2は、前作の「バイオ7」からさらにブラッシュアップ(洗練)されており、完成度の高いホラーゲームとなっている。

バイオハザード RE2 をプレイした感想、レビュー

グラフィックの向上

ゲームはグラフィックじゃないと"最近のゲームをやった事がない人"たちは言うが、真っ赤なウソだ。

ニコニコ動画の低画質かYOUTUBEのHD画質どちらで好きなアニメを見たいと思うか、ドラクエ11のPS4版と3DS版どちらが良いか、比べるまでもない。

人は見た目で判断する。中身は、その次だ。全てにおいて言えるが、第一印象が大事で、見た目が悪ければ相手にすらされない。それはこれを読んでいるオタク諸君がよく知っているだろう。

バイオ2未経験の人に、バイオ2とバイオRE2どちらをおすすめするかと聞かれたら、答えは分かりきっている。

中身は大事だが、外から中身は見えないのだ。

単なるリメイクではない。別作品と言っていい

人気ゲームをリメイクするのは常套手段(よくある事)で、グラフィックをHD画質にしただけの"リメイク"とか、追加要素(おまけ)を入れただけの"リメイクという名の焼き増し"がほとんどだ。

しかしバイオハザードRE2はかなり思い切っており、設定や舞台(警察署)、キャラクター、プロット(話の展開)は同じだが、中身は全然別物になっている。

これは英断で、こう言うことをすると"最近のゲームをやった事がないおじさん"たちが、「昔の方がよかった」などと懐古節を聞いてもいないのに語り出す。

しかし原作の「バイオハザード2」は、1998年1/29にプレイステーションで発売された、もう20年前の作品であり、中身そのままグラフィックだけ向上では、最新ゲームとして「チープ」に感じてしまう。

バイオハザードRE2は、バイオ2をやり込んだプレイヤーでも全然中身が違うので、新鮮な気持ちでラクーンシティを再度楽しむ事ができる。

バイオハザードらしさ

謎解きや、鍵のかかったドア、手記、印象に残る登場人物、敵の配置の絶妙さなど、バイオハザードってこんな面白いゲームだったなと再確認できた。

ホラーゲームなんだけど、パズル要素や多彩な武器、ストーリーの良さ、魅力的なキャラクターが登場するから、怖いけど先が見たくなる。そんな原点回帰に成功している。

ゾンビがけっこう強い

バイオハザードシリーズのゾンビと聞いたら、走ってかわして相手にしない、弾のムダだと思っていたのだが、バイオRE2のゾンビは、横を走ってすり抜けようするとつかまえてくる。もしくは配置がよく、そう簡単にはスルーさせてくれない。

これは「ゾンビと戦って打ち倒す」というこのゲームのカタルシスの根幹部分であり、良い調整だったなと思う。

上手いプレイヤーが華麗にゾンビをかわしながらマップを走り回るのを見るのは楽しいが、それをすべてのプレイヤーがやってしまうと、ゲームバランスとして問題がある。

たおす敵が強いからこそ、試行錯誤し、必死で武器や弾を考えて生き延びようとする(サバイバル)。そこが面白いのだ。

バイオハザードRE2 のここがダメ!

バイオハザードRE2をホメるだけなら大手サイトの提灯(カプコンからお金もらって書いた)記事を読めばいい。うちのサイトでは、1円ももらってないので、バイオハザードRE2の良くなかった部分も紹介する。

持てるアイテム少なすぎ

バイオハザードRE2では、アイテムが8個しか持てない。これは少なすぎる。

もちろん優秀な開発スタッフが、8個でイケると判断したのだろうが、ゲーマーの私から言わせると、これは今のスマホゲーや低難易度の連打ゲーになれた人たちから見ると「不便」極まりない。

バイオRE2がダークソウルのような突き放したゲームスタイルなら、これでいいかもしれないが、バイオRE2はおそらく普段ゲームをしないライトユーザーも多くプレイするだろう。

その時にこのアイテム8枠は、おそらく支持されない。

アイテムボックスを行ったり来たりするこの"時間"を、時間がない"現代人"がどう思うか。分かりきっている。

移動スピードがおそい

ホラーゲームなので、あまりビュンビュン移動されては困ると言うのは分かるのだが、ちょっと「おそい」かなと感じた。

例えば、ゾンビにおそわれてやられた時、ユーザーはこう思うだろう。「移動がおそかったから」

↓+xボタンで180度ターンとかテクニックはあるが、普段スマホゲーをやってるプレイヤーはおそらく知らない。

アプデでもうちょっと早くした方が良いと思う。

照準が定まるのがおそい

L2で銃を構えて、そのまま2秒くらい移動しないでじっとしていると、照準(レティクル)が小さくなって、銃弾の命中精度が大きく上がる

逆に、これをしないと目の前にいるゾンビに撃ってもほとんど銃弾が当たらない。

これは長すぎるかなと思った。ふだんゲームをしないライトユーザーはこう思うだろう。「なんで撃ってんのに当たらないの?」

敵を狙ってしばらく待つと照準が合うとか、そんな事を知らない人もいるわけで、もうちょっとここは調整したがいいかなと。

ライトユーザー向けにかんたんにしろとは言わないが、腰撃ちでも当たるようにしないと、弾が当たらないからクソゲーとか言われたらもったいない。

パズル要素が多い

外人はパズル要素があるトゥームレイダーやアンチャーテッドのようなアドベンチャーゲームを好むが、日本人はそんなパズル要素好きじゃない。

ほとんどの日本人が、バイオRE2のパズルの答えを攻略サイトで調べるはず。

うちのようなゲームの攻略記事を上げてるサイトはそれで良いのだが、本音を言うと、ゲームは攻略サイト見ない方が楽しいと思ってるので、できるだけパズルもかんたんにして、攻略サイトに頼らずともクリアできる方が望ましい。

 

バイオハザードRE2 あなたの評価は?

アンケートの結果を見る

Loading ... Loading ...

他の「感想、レビュー」を読む

バイオハザードRE2 の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)カプコン

-感想、レビュー
-

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.