【シンエヴァ】式波タイプのオリジナルは、惣流アスカラングレーだったwww 元アスカ クローン ネタバレ

2021年3/18。『シン・エヴァンゲリオン』に登場した"式波タイプのオリジナル"の正体が分かった。

【シンエヴァ】式波タイプのオリジナルは、惣流アスカラングレーだったwww

映画パンフレット 25ページより

アスカ声優(宮村優子):

『エヴァ』全シリーズを通して、アスカはいつもひどい目にあわされて、ラストは幸せになって欲しいとずっと願っていた。

私にとって"アスカ"は娘みたいなもので、「ケンスケ、このやろ、いつの間に」ですよ。これまで何の前フリもなく、いきなりケンスケと親密になっていてびっくりした

以前、別の作品でヒロインを演じた時も、ヒロインだから主人公と結ばれると思っていたのに、シリーズ途中から登場したキャラクターに主人公を寝取られた。

ーーアスカのオリジナル、元アスカについて

アスカ声優:

大人で悪役のアスカを何パターンか収録した。

式波アスカの気持ちになると、【元アスカ】は絶対そばに来てほしくない存在。

これだけアスカが頑張っても報われない。何かやっても、どうせ次で罠にハマる。そういう役。アスカは一人ぼっちでかわいそう

(シン・エヴァンゲリオン映画パンフレット25ページから引用)

元アスカとは

Cパート(ネルフ本部突入)で、2号機に乗り、13号機と接触したアスカ。

誰も乗ってないと思っていた13号機には、ATフィールドが発生しており、パイロットが乗っていた。

アスカは「裏コード999」を起動し【使徒化】して13号機を破壊しようとするも、逆に返り討ちにあい、13号機に食べられてしまう。

13号機の中で、アスカは【元アスカ】と会う。以下、映画のセリフより↓

-アスカ「式波タイプ…私のオリジナルか…
-元アスカ(式波タイプ)「フハハハッ…最後のエヴァは神と同じ姿…あなたも愛と共に私を受け入れるだけ…さぁこちらへ…」
-アスカ「おあいにくね」
-元アスカ「ムダよおバカさん…」
-2号機爆発しアスカ爆死

解説

映画の字幕では(式波タイプ)という名前になっている。

映画パンフレットのアスカ役の声優によると、【アスカのオリジナル、元アスカ】となっている。

つまり『シン・エヴァンゲリオン』に登場する式波アスカは【クローン】という事が分かる。

元アスカと言う呼び方は、【惣流アスカラングレー】の事かもしれない。

 

エヴァンゲリオン の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)カラー

-アニメ
-

Copyright© サイト , 2021 All Rights Reserved.