【エアリス死亡確定】FF7リメイク 考察 マリンとの会話、好きにならないで 生存ルート絶望的

【エアリス死亡確定】FF7リメイク 考察 マリンとの会話、好きにならないで 生存ルート絶望的

【4/17追記】海外版の検証で、エアリスが「これは現実ではありません」と言ってる事が分かりました。

14章冒頭のシーン

どうして…

夢か…

さてどうでしょう

クラウド:無事なのか?

エアリス:この通り

私、子供のころ神羅にいたんだ

クラウド:エルミナから聞いた

エアリス:そっか…だからね、昔住んでたおうちに帰ってきたみたい

居心地わるくないよ

クラウド:ここよりいいのか?

エアリス:それはいじわる

クラウド:エルミナも心配してる

も?クラウドも?

クラウド:当たり前だ

エアリス:心配かけてごめん

クラウド:あれは・・・

ーオーロラを見るクラウド。

エアリス:人は必ず死ぬ

クラウド:だろうな

エアリス:だから正しく、ちゃんと自分らしく、生きなくちゃ

一瞬この一瞬を大切に

クラウド:覚えておこう

エアリス:うん

あのね

クラウド:この一瞬を大切にだろ?

クラウドと会えてうれしかった

かけてくれた言葉ひとつひとつ

してくれた事ひとつひとつ

全部うれしかった

一緒にいられて楽しかった

でもね好きにならないで

ークラウドのほほをさわるエアリス

もしそうなっても気のせいだよ

ーエアリスの手を触ろうとすると、緑の光となってすり抜ける

ーエアリスのまわりをライフストリームがおおう

ずいぶん一方的だな

エアリス:もう朝、行かなくちゃ

クラウド:迎えに行く

くやしいけどうれしい

ー笑って消えるエアリス

ー目を覚ますクラウド。夢だった?

ほそく

このシーンは、エアリスが神羅に誘拐された後、14章で発生する好感度イベント。

12章:エアリスがマリンを助けに行くシーン

ーマリンとエアリスが抱き合う。

マリン:あっ!

ーエアリスがしーっと口元に指を当てる。

ーマリンがうなずく

いい匂い

マリン、このにおい知ってるよ

忘れないでね

ほそく

マリンは、バレットの娘というだけではなく、開発のお気に入りらしく、映画版FF7アドベントチルドレンでは重要人物だった。

FF7リメイクが、アドベントチルドレンの影響を大きく受けている事から考えると、このシーンは重要イベントだと考えられる、

12章:七番街スラムにて

ーヘリからエアリスを見ながら、ツォンがつぶやく。

ツォン:自由だな……お前は

ほそく

18章でエアリスやザックスも「自由」というキーワードをくり返す。「運命に逆らって、自由を手に入れる」というテーマがFF7リメイクにある。

13章:セフィロスとの会話

われこそ古代種の血をひきし者。この星の正統なる後継者

また守れなかったな

喪失がおまえを強くする

ークラウドの肩をさわるセフィロス

それでいいのか?

ほそく

このイベントは、エアリスが連れ去られた後の13章で発生する。

「また守れなかったな」は、エアリスのこと。

「それでいいのか?」というのは、どういう意味でそんな事を言ったのか分からない。

14章:マリンとの会話

あのね、あのお姉ちゃんね…

ーうつむくマリン

どうした?

ううん、助けてあげて

18章:フィーラー戦

ーフィーラーが、クラウドにエアリス死亡シーンを見せる。

 

【4/17追記】海外版の検証で、エアリスが「これは現実ではありません」と言ってる事が分かりました。

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

考察

この中で、マリンの発言が重要となる。マリンは、エアリスに触れて、何かに気づいた。

エアリスはマリンに言うなと口止めして「忘れないでね」と発言する。

14章でもマリンは、何かを言いかけてやめてしまう。エアリスに何か秘密があるのは確定。

これらをふまえて、14章の好感度イベントを見直すと、

「人は必ず死ぬ」「クラウドと会えてうれしかった」「一緒にいられて楽しかった」「でもね、好きにならないで」

クラウドがエアリスをさわろうとすると、ライフストリームだと分かる。

 

(c)スクウェア・エニックス

-FF7リメイク

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.