FF7リメイク公式「クラウドとエアリスはくっつかない」 クラエア アルティマニア 空が嫌い 考察 攻略 wiki

FF7リメイク公式攻略本アルティマニア開発者インタビューより

パート1~3はこちら

パート4:クラウドは大人のようにクールに振る舞うが失敗する

ーFF7リメイクは、エアリスのセリフが印象的です。

FF7リメイクストーリー&シナリオ担当、野島一成氏:

FF7リメイク版では、エアリスがいちばん重要な人物なので、セリフには気を使いました。

エアリスのセリフ1つ1つに、大きな意味があります。

ー14章のお花畑シーンで、エアリスがクラウドに「好きにならないで」「恋をしたとしても、それは現実ではない」と言います。

野島一成:このシーンは、スタッフから「エアリスがクラウドを見下しているように見える」と言われて、何回かボツにしました。

エアリスの運命を知ってる原作ファンなら、このセリフは琴線に触れると思いますが、リメイク版からでエアリスが死ぬ事を知らないプレイヤーは、まったく違う解釈をしてしまうかもしれません。

この2つの解釈のギャップがとても面白いと思いました。

もう1つ、クラウドとティファの花畑の抱擁シーンは、クラウドがカッコよく見えないようにしました。

クラウド(21才)とティファ(20才)は、年齢が近いとは言え、5年間会っておらず、クラウドは大人の男としての経験がない。クラウドは、5年間魔晄漬けされていたので、精神年齢は16才。だから背伸びして、大人になろうとしている。

13章の冒頭で、バレットがティファを抱きしめている時に、それを見ていたクラウドは同じようにしたいと思っていたんです。

しかし14章の花畑のシーンでは、クラウドはうまくティファを抱きしめる事ができませんでした。

クラウドは相手によって、話し方がちがう

FF7リメイクディレクター、野村哲也氏:

クラウドの声を収録する時には、相手の女性によって話し方を変えてもらいました。

例えば、クラウドxエアリスでは、クラウドはクールに、自意識過剰で変な返事をする。

クラウドxティファでは、クラウドは心を許して話す。

クラウドxジェシーでは、クラウドは困ったように話す。

野島一成:クラウドはエアリスとくっつかないんですよね(笑)。クラウドは、ジェシーにかなり焦っているようですが、ジェシーはクラウドの事を、面白がってバカにしています。

FF7リメイク公式「クラウドとエアリスはくっつかない」

エアリスのナゾ

ーエアリスは、なぜ未来を知っているの?

野村哲也:どうしてかな?その答えは、次回作までお待ち下さい。

ーミッドガル・ハイウェイでエアリスが「ここが運命の分かれ道」と言います。

野島一成:クラウドたちが「運命の壁」を通過したら、運命の壁を超える事になり、運命のない場所に行く事になります。

ーエンディングでエアリスが「空、嫌いだな」(英語版:I miss it. The steel sky.直訳:なつかしいですね、鋼の空)と言います。

野村哲也:エアリスにとって、空は悲しみの象徴なんです。ザックスや母親のイファルナなど、エアリスの大事な人がみんな空に戻ってしまい、スラム街でエアリスが見る空も、ミッドガルシティの鋼のプレートにおおわれています。

古代種(セトラ)を滅ぼしたジェノヴァも空から降ってきた。これらの出来事は、すべて「空」を想起させる。だからエアリスは、空が嫌いと言うのです。

ーゲームの最後に「未知の旅は続く」英文:The Unknown Journey Will Continueと表示されます。

野村哲也:当初は別の文章を入れる予定だった。プロデューサーの北瀬佳範氏に「続編につながる文章にして」と言われたので、あの文章にしました。

文章の意味を不安に思う人もいると思いますが、それは覚悟してます。

 

ソース: FF7リメイク公式攻略本アルティマニア開発者インタビューより

パート1~3「FF7リメイクはクライシスコアの続編です」

パート7「何部作になるか分からない。続編は2年以上先になる」

 

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-FF7リメイク

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.