FF7リメイク開発「クラウドのモデルは、バレエダンサーや体操選手」 かゆみ カエル こだわり

FF7リメイク・ディレクター野村哲也氏:

FF7リメイクは、なんとなくAC(FF7アドベントチルドレン)が芯になるんですが、

ほんとにまんま人間のように作ってしまうと、FF7ぽさはなくなってしまうので、そのギリギリ。

ACの頃もギリギリでやったんですが、まあそれから10年くらい経って、今の技術のギリギリのところの、おとしどころって言うのが、今回のFF7リメイク版の(クラウドたちの)モデルかなと思います。

FF7リメイク開発「クラウドのモデルは、バレエダンサーや体操選手」 かゆみ カエル こだわり

クラウドのモデルは、バレエダンサー

FF7Rキャラクターモデリングディレクター、かぜのまさあき氏:(上の動画1:48)

クラウドとかは、バスターソードを振り回すんですけど、その振り回すイメージのまま筋肉をつけてしまうと、

すごいふくれあがった筋肉になってしまいます。

そうするとクラウドのイメージと大きくかけはなれてしまうので、ひきしまっていて、しなやかな、

クラウドのイメージにバッチリ合った、バレエダンサーの資料なんかを多く見ています。

FF7リメイクでは「かゆみ」にこだわった

FF7Rリードアニメーター、ながつかひろゆき氏:

例えば、お腹がかゆいなーと思った時に、クラウドはお腹をかくか、バレットはお腹をかくよね。そういうのの積み重ねが、キャラクター性になっていくんじゃないかなと思っています。

バレットだったら、右腕についてる武器の接合部分が、きっとかゆくなったり痛くなったりするんじゃないかなと。

きっとバレットは、武器と腕の接合部分を気にして、かいたりさすったりするんじゃないかなと。

そういう動きを入れています。

クラウドは、背中にかついでる剣が重いので、きっと剣が気になって(かゆくなって)、剣の位置をずらしたりして、人間らしい動きを取り入れてます。

クラウドの動きは、体操選手をモデルにした

FF7Rカットシーンディレクター、みやけひでかず氏:(上の動画9:55)

オープニングの最後のクラウドのジャンプして着地するシーンがあるんですけど、

そこは体操選手をアクターに呼んで、撮影しています。

FF7リメイクで一番力を入れたのは、カエル

FF7Rバトルアニメーション担当、やまじひろゆき氏:(上の動画10:30)

FF7リメイクで一番力を入れたのは、カエルです。

一発目が下をびゅっと伸ばすんです。これが15m伸びるんです。これで敵をひきつけて、

2回目の攻撃がパンチなんですね、ジャンプパンチで。そのままキックするんです。

もうとにかく活き活きと動いてる。とにかく暴れてる。見たことのないような、活き活きとしたカエルとなっています。

原作ファンにオリジナルのストーリーの衝撃を味わってほしい

FF7リメイクプロデューサー、北瀬佳範氏:(上の動画16:42ごろ)

23年前の原作をプレイした人たちが、当時味わったFF7オリジナルのストーリーを体験した衝撃っていうのを、

現代のクラウドで同じような衝撃を味わってほしい。

 

FF7リメイク の他の記事を読む

トップページへもどる

 

(c)スクウェア・エニックス

-FF7リメイク

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.