セガの新型ゲーム機「アストロシティ・ミニ」収録タイトルまとめ 発売日 価格 動画 ヴァーチャファイター 専用コントローラー

2020年7/7。セガが新型ゲーム機「アストロシティ・ミニ」を2020年末に発売すると発表した。

価格は、12,800円(税別)。

セガの新型ゲーム機「アストロシティ・ミニ」収録タイトルまとめ

https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1262/702/index.html

アストロシティは、ゲームセンターにあったセガのゲーム筐体の名前で、

アストロシティ・ミニは、ゲーセンの筐体をそのまま6分の1の大きさにして発売される。ボタンやレバーなどは、6分の1では小さすぎるので2分の1となっている。

アストロシティ・ミニは、HDMIケーブルでテレビ出力可能。専用コントローラーと、専用アーケードスティックを2つまで接続可能。友達と2人対戦可能だ。

収録タイトルは、セガのゲーセンの名作36本

・ヴァーチャファイター
・ゴールデンアックス

・ゴールデンアックス:デスアダーの復讐
・ダークエッジ
・獣王記
・コラムスⅡ
・ファンタジーゾーン
・エイリアンシンドローム
・エイリアンストーム
・タントアール

残りのタイトルは、7/8、8月、9月、10月に全4回に分けて発表される。開発者によると、実は、まだ最終的にどの収録タイトルにするか悩んでいるとの事。

開発者インタビューの内容まとめ

・開発は、2018年から
・セガには「セガサターン」や「ドリームキャスト」などを開発した、ハード設計者のスタッフがまだ残っており、小型ゲーム機の開発でアドバンテージになった。

・作曲は、Hiro師匠(スペースハリアーの作曲者)。ナレーションは、光吉氏(ヴァーチャのアキラの声優)など、音にもこだわっている。

・アストロシティの寸法は、幅130mm、高さ170mm、奥行き170mm

・おもちゃではなく、レバーのシャフトを金属製にして、上下左右だけでなくナナメ入力も可能、先端のボールはネジ式で回せば取れるところまで、完全再現した。

・筐体は、セガから「アストロシティ」のオリジナル図面を借りてきて、同じ樹脂を使用して作った。セガに監修してもらった。

スピーカーも本物と同じく、上部についており、ステレオ出力可能。筐体上部前面のLEDも点灯する。
・画面は、LCD液晶画面

・アーケード仕様の「アストロシティ・ミニ・アーケードスティック」と、「アストロシティ・ミニ・コントロールパッド」を、本体と同時発売する。

・「アストロシティ・ミニ・コントロールパッド」は、メガドライブのコントローラーをモデルに、ヴァーチャファイターなどのアーケードゲームが遊びやすいように、コマンド入力しやすいように、一からデザインした。

・通信対戦はない。コントローラーを接続して、2人対戦は可能。
セーブは、各ゲームごとにできる。ゲーム後半にセーブしておけば、そこから何度でもプレイ可能。

 

最新ニュース の他の記事を読む

トップページへもどる

 

【おまけ】収録タイトルの紹介

ヴァーチャファイター

ゴールデンアックス

ゴールデンアックス・デスアダーの復讐

コラムスⅡ

ダークエッジ

ファンタジーゾーン

獣王記

エイリアンシンドローム

エイリアンストーム

タントアール

残り26本、合計36本のゲームが収録される。

 

【編集後記】開発スタッフのこだわりが感じられた。欲しいと思うが、PS5の発売日と被ってんなw

面白いと思うから、YOUTUBE等でどんどん宣伝して欲しい。

 

(c)セガ

-最新ニュース

Copyright© ゲーム攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.